お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

安中榛名駅辺り、寒露(日中28度Cだったけど)。

171011安中榛名駅前


日が出ると28度Cの寒露だったけど、黄葉・紅葉の並木道。

薄曇り。榛名辺り、山極はガスが覆っていて秋深し。

安中榛名駅前の公園、散策。








171011誰もいない公園


誰もいない公園・・・。









171011天空の丘


天空の丘。








171011ハナミズキの紅葉


ハナミズキの紅葉。








171011メタセコイア


メタセコイアとオブジェ。








171011揺れる季節


揺れる季節。










171011ソーラー畑が…


ソーラー畑が…
いつの間にか、裏山を蚕食。








171011お気に入りの建物


お気に入りの建物。





山茶花咲き出し、池に鳥たちも・・・

171009サザンカ咲き出す


寒露 初候 鴻雁来 こうがんきたる。

まあここ数日、暑い日が続いているのだが。

サザンカ咲き出す。








171009IMGP7534.jpg













171009IMGP7536.jpg


::










171009IMGP7546.jpg


:::









171009ツリバナ


ツリバナ。










171009秋色に変わってきた公園で


秋色に変わってきた公園で。

連休最後の日。








171009水鳥たちの先遣隊到着 ヒドリガモ


寒露 初候 鴻雁来でもないけれど、水鳥たちの先遣隊到着 ヒドリガモ。

先鋒隊無事到着。










171009くつろぐ兄イ猫


くつろぐ兄イ猫。

「鍋蔵も落ち着いてきているし、身元引受猫のわしとしても まあ ちょっとホッとしとる。
まあみんな仲良く!猫は家内安全の要!
zzzzzzzz・・・・」

 兄い猫 夢三親方 談。


兄い猫 夢三親方は
猫吉親方
(またの名 長ぐつをはいた猫
ペロー Perrault
楠山正雄訳 青空文庫)の遠戚とのこと。







暑いくらいだが、晴天は有り難し。赤城の某所で秋に浸る。

171008IMG_2239.jpg


広い!
大きな風景。

赤城の鍋どん(鍋割山)が近く見える。










171008IMG_2247.jpg


鳶どんも歓迎飛行。











171008IMGP7606.jpg


芒の原っぱ(懐かしい言葉)。












171008IMG_2234.jpg


水辺に鳥の影、見えず。











171008IMG_2237.jpg













171008IMGP7605.jpg


::










171008IMGP7612.jpg


:::










171008IMGP7631.jpg


::::

赤城の某所で秋に浸る。

エノコログサも紅く。

う~~ん、うちの鍋蔵に猫じゃらしを持ち帰っても、もうジャレてはくれないだろうな。








ロクサーヌ様の歯磨き、そしていただき物のアオツヅラフジ。

171005セイバンモロコシ(西蕃蜀黍)


お月見。
ススキの代わりに取ってきたセイバンモロコシ(西蕃蜀黍)。

ロクサーヌ様、セイバンモロコシ(西蕃蜀黍)の葉で歯磨き。

「あたしわぁ~鍋爺のようにならないように、しっかり歯磨きするの~!」
シャリシャリ。


確かに鍋蔵は牙2本無し、下の前歯なし・・・・。テヘ。
だから舌、出ちゃうし、居眠りするとよだれ。

でもロクサーヌ様、ヒトの足で牙磨きするのは勘弁~~。
ガシガシ・・・。


ロクサーヌ様、久々の登場。
鍋爺が最近大きい顔して出ていて、あたし 存在感薄いんじゃないかしら・・・。

ほんとうにもうっ!

きっ!シャリシャリ。






171005IMGP7388.jpg


いただき物のアオツヅラフジ。

玄関に飾った。









昨日、もう一つ、中高瀬観音山遺跡(なかたかせかんのんやまいせき)へ。

171005IMGP7503.jpg


以前から気になっていた「北関東での弥生時代の村と社会のあり方を知る貴重な遺跡」・・・・。
下の光厳寺に行くたびに道を探すのだが、分からない。
案内板、見当たらず。
ナビに載っているが、細い道をクネクネ・・・心配しきり。

今回、細いし、急なヤバそうな道を思い切って登る。

ありました~!中高瀬観音山遺跡。








171005IMGP7504.jpg


まあ看板のUPで、概略説明に替える。










171005IMGP7475.jpg


ただっぴろくて何もなし。

つい先日草刈りしたばかり、といった感じで、思い切り何もなし。
逆に気持ち良し。







171005IMGP7477.jpg


>佐賀県の吉野ヶ里遺跡との比較で、「東の吉野ヶ里」とも呼ばれました。吉野ヶ里遺跡の発見後、弥生時代の大規模な守りの村は全国で発見されるようになりました。邪馬台国の成立する前後の激動の歴史を探る上で大きな意味があるものです・・・


卑弥呼没後の邪馬台国の頃の激動、「倭国大乱」の頃か、堀切り・柵・物見台・狼煙台等の防備施設ある古代のムラ。


>「高地性集落」(高い場所にある守りの村)または「環濠集落」(堀に囲まれた村)です。

引用は群馬県埋蔵文化財調査事業団HPから。








171005IMGP7483.jpg


展望には恵まれているものの、水場はなく、暮らしやすい場所ではなし・・・。
上州空っ風が吹きすさび、冬なんかシンドそう。













171005IMGP7488.jpg


公園の構想があるようだが、未整備状態。










171005IMGP7494.jpg


非常に興味掻き立てられた遺跡。
案内板と駐車スペースだけあれば、とりあえずもう一度冬前に訪れたいところ。

倭国大乱。
もうこの時代には階級社会・・・。
小国寡民のボーダーを越えてしまったのか。

>小国寡民。
什伯(じふはく)の器有れども用ゐざらしむ。
民をして死を重じんて遠く徙(うつ)らざらしめば、舟輿(しうよ)有りと雖(いへど)も、之に乗る所無く、甲兵有りと雖も、之を陳(つら)ぬる所無し。
民をして復た縄を結びて之を用ゐ、其の食を甘しとし、其の服を美とし、其の居に安んじ、其の俗を楽しましめば、隣国相望み、鶏犬の声相聞こゆるも、民老死に至るまで、相往来せず。<老子>

(自分の備忘のためUP)










前のページ 次のページ