お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

今日の猫たち、トンビさん。

130525tibita1.gif


猫たち、外遊び中。

兄い猫、縄張りの大きな樹の洞に興味。

「こ!ここは~地底王国への入り口ではないか?

この奥に~小判の壺があるやも?

ま、そんなこともないか、わしはどっちにしろ 猫に小判だし。」





130525IMGP0199.jpg


ロクサーヌ、兄い猫の洞探検を見守る。

「地底王国あったら、あたし 地底にも神聖ロクサーヌ帝国地下宮殿を作りたいわ~~」




130525IMGP0201.jpg


ロクサーヌさま、あたりをキョロキョロ。





130525130525.jpg


my鳶さんではないけど、よその鳶さん 表敬訪問。





130525IMGP0393.jpg


尾羽根、相当やつれていて、お隣の鳶さんでも無さそう。







コメント

>この奥に~小判の壺があるやも?
兄い猫さま
クマ思うに、木の根元に空いた穴ですので、民話に出てくる「おむすびころりん」の、穴では。
とすると、この地底王国の主は、裕福なネズミさんたち。
きっと、兄いの気配を感じ、財宝放り出し、スタコラ逃げ出してて、そのまま中に入れば独り占め、夢さん大喜びだったかもねぇー。
もう、引っ越してしまってるよ、きっと・・・
残念!
あっ、そうか、猫に小判だった、でも、大判ならどうかなぁ~(笑)

ロクサーヌ様
可憐な乙女には、地底王国への入り口ではなく、不思議の国のアリスの「不思議の国」への入り口がお似合いです。
中に入られたならば、ちょと不気味なチェシャ猫より、ずぅーーーとお似合いだし、わがままなハートの女王に代わって、陛下がお治めになれば、住民たちも、大喜びでだったでしょう、きっと。

>お隣の鳶さんでも無さそう。
ムフフフ、何を隠そう、このワシは、地底から飛来したんじゃ。
ジュール・ヴェルヌの地底旅行は事実じゃよ。
そう、地底には大空洞があり、地表と同じ、空や海もあるんじゃぞ。
地下のトビだから、地下トビ。
え、地下足袋じゃないって、地下トビ、地下トビ、だってば、失礼な!





  • 2013/05/27(月) 21:16:44 |
  • URL |
  • クマタケ #-
  • [ 編集]

Re: クマタケ氏

> 兄い猫さま
> クマ思うに、木の根元に空いた穴ですので、民話に出てくる「おむすびころりん」の、穴では。

「南柯の夢」ではないのですが、大槐安国から兄い猫へのお招きのお使いが~~~。
兄い猫、クール アンド スマートですから洞の中で一瞬にして「槐夢」から醒め、帰還。

>「わしはどっちにしろ 猫に小判だし。」

クール アンド スマートな台詞です。


> ロクサーヌ様
> 可憐な乙女には、地底王国への入り口ではなく、不思議の国のアリスの「不思議の国」への入り口がお似合いです。

むふ。


> そう、地底には大空洞があり、地表と同じ、空や海もあるんじゃぞ。
> 地下のトビだから、地下トビ。
> え、地下足袋じゃないって、地下トビ、地下トビ、だってば、失礼な!

地下トビさん、ハーケンクロイツがついていたりして・・・。

地球空洞説、地球の空洞内部、第4帝国からの密使?

でも、鳶さんも、兄い猫も、ロクサーヌさまも基本的に気ままもの。まつろわぬもの。
褐色の朝はキライ。

 夢寅 拝


  • 2013/05/27(月) 22:19:57 |
  • URL |
  • 夢寅 #2u.skda2
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yumetora.blog3.fc2.com/tb.php/4924-ef1d716a