お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

今日の月・・・月齢21。

121007IMAGE000.jpg


今日の月・・・月齢21。

家人、部屋から月を見て「なんか変!空の上見ても見つからないし、よくよく見たら馬鹿に低いし、色が怪しい色!」とご注進。

で、今夜18度Cの夜、月の見えるところへ。

懐中電灯はしっかり持ったが、三脚は持たず。カメラ手持ちか~~~。

小生の写真、手振れで全滅。
家人、創意と工夫。ベンチに一デジをポシェットを枕にして固定、なんとか撮影に成功。
(おしなべて人生には淡白ながら、こういう時には割に執着するタイプ、もとい熱意と集中を惜しまないタイプ)

リスペクト!
ヨイショ!

右下の明かりは、コンビニの看板か。
夜の所為か、妙に近くに見える。


121007IMAGE001.jpg


怪しさ一杯、ちょっとヤバイ感じすら覚える月の色・・・

「月齢できごと集」によれば
>2001年1月15日 エルサルバドル・マグニチュード7.6の地震が発生
>1985年4月11日 ハレー彗星が地球に最接近
とか、ふ~~む・・・

今日は前橋まつり。
午後から自転車で出かけたものの、通り雨があったり、ちょっと寒さ感じたり、いまいちノレず・・・。
まあこっちの気分が凹んでいることもあったり、曇り空の下、街の道路と建物群が、画素の低いザラザラ感の写真のように白々寒々しく感じたり・・・

行った時間帯が間延びした時刻だったのかもしれないが。

そんなわけで前橋まつりの写真はなし。

m(_ _)m


コメント

あいかわらず仲良しだなあ…

  • 2012/10/08(月) 11:17:26 |
  • URL |
  • くろ #-
  • [ 編集]

>怪しさ一杯、ちょっとヤバイ感じすら覚える月の色・・・
この月から野間宏の「顔の中の赤い月」を思い起こす。
敗戦の虚無感と戦後への再生への強い意志が鬩ぎ合う、戦後文学の傑作。
震災と原発事故後の虚無感と復興への強い意志が鬩ぎ合う。
常に強い意志が勝利するとは限らない。
特に、民主主義の退廃が始まった、今では・・・



Re: くろ姉さま

> あいかわらず仲良しだなあ…

いやいや。

えへへ。

どもども。

    夢寅 拝

  • 2012/10/09(火) 21:06:31 |
  • URL |
  • 夢寅 #2u.skda2
  • [ 編集]

Re: クマタケ氏

> >怪しさ一杯、ちょっとヤバイ感じすら覚える月の色・・・
> この月から野間宏の「顔の中の赤い月」を思い起こす。


ふむ。

と呟いたものの、小生寡聞にして野間宏周辺、疎し。
m(__)m。

ワイマール共和国の黄昏への間奏曲かな、と思ったりして。

  夢寅 拝

  • 2012/10/09(火) 21:19:38 |
  • URL |
  • 夢寅 #2u.skda2
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yumetora.blog3.fc2.com/tb.php/4771-ce950d57