お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

富岡市 丹生湖のひまわり畑・・・夏空、雲高し。

120804IMGP1332.jpg


去年から覗いている。
富岡市 丹生湖のひまわり畑・・・曇り空 どっぷり・・・2011/08/02(クリック!)

今日は休日ということもあって、賑わっている。
夏空、雲高し。

ひまわり。
眩しい。


120804IMGP1338.jpg


・・・・


120804IMGP1342.jpg



・・・・・

カシラ、ナカ!

注目!


120804IMGP1343-001.jpg



テレずに高い夏空見る。
雲見も。



120804IMGP7770.jpg


・・・・


120804IMGP7790.jpg



裏見のひまわり群団の先には、丹生湖と展望台。



コメント

ひまわり畑と夏空。
ヨーロッパ映画界が元気だった頃のイタリアの名画「ひまわり」。
主演ソフィアローレンの憂いを含んだ顔が印象的だったポスターは秀逸。
反戦映画の範疇に入っているが、運命に翻弄される男女の愛の機微を、しっとりと描いたラブ・ロマンスと位置づけたい。
ハリウッド映画全盛だが、個人的にはこちらの路線が好み。

Re: クマタケ氏

> ひまわり畑と夏空。
> ヨーロッパ映画界が元気だった頃のイタリアの名画「ひまわり」。
> 主演ソフィアローレンの憂いを含んだ顔が印象的だったポスターは秀逸。

いやしかしイタリアの映画というのは伝統ある。
先日、「ニュー・シネマ・パラダイス」を何度目かまた視る機会があったのですが、やはりすごいな、と。
この映画自体、ジュゼッペ・トルナトーレ監督自らの映画へのオマージュという要素が多々あるのですが、映画という表現手法への、先人から引き継いだ自信というか誇りというか、そのいうものを疑いもなく持ち続けているんだなと思わせました。

映画撮影所「チネチッタ」の記念ドキュメンタリー、『インテルビスタ』も見た記憶があるのですが、やはりとことんイタリアの映画というのは基礎がしっかりしているな、と。

ジュゼッペ・トルナトーレの『シチリア!シチリア!』 、去年秋、父の入院のシンドい個人状況の中、それだけにキツいほど心に染みた記憶があります。

      夢寅 拝

  • 2012/08/07(火) 00:17:45 |
  • URL |
  • 夢寅 #2u.skda2
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yumetora.blog3.fc2.com/tb.php/4725-49655ab6