お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

翡翠さん、今日のショット。

120702IMGP9893.jpg


翡翠さん、なんですが・・・・。

カワセミ・ヒスイさんについては、その羽の色でもう圧倒的なファン多し。

小生、極私的に印象をちょっと。

この写真見た時、直感的にこのフォルムで思い出したのは、第二次世界大戦末期、日本海軍が開発していた単発単座の試作局地戦闘機「震電」

「震電」 by wiki(クリック!)

大きい頭部、長い嘴、高速、首、尾、足は短い。

いささか少年時、「丸」なんて軍事オタク雑誌を読んでいた前歴がバレるけど、

>機体後部にプロペラ、機首付近に小翼を配した独特の機体形状は“前翼型(他にも先尾翼型、エンテ型などの呼称があるが本項では便宜上「前翼型」の表現に統一する)”と呼ばれるもので、B-29迎撃の切り札として期待されていた。1945年(昭和20年)6月に試作機が完成、同年8月に数度の試験飛行を行った所で終戦。実戦には間に合わなかった。by wiki

「震電」図参照(クリック!)

いかにも短距離高速型、局地戦闘機。

高速・運動性高。

この辺りの感覚がわかるというヒトは少ないと思うけど、ふと感じたのでたまにはいいでしょ、と自己完結型にちょっと。
(家人に話しても、この辺りになるとoff)(^^ゞ


120702IMGP9904-001.jpg


・・・・・


120702IMGP9930.jpg


・・・・・・


120702IMGP9933.jpg


艱難汝を玉にす・・・。

というけれど、コンクリートの塊も川の流れに磨かれて、いい味出してくるのかな。

玉になるのはいつの日か。

還暦過ぎても悩みは尽きんし・・・(^^ゞ

・・・・今回はまったく鳥話しではなく、雑感のみとりとめなく記す。

コメント

ちかごろの若いモンはなんてガキっぽいんだろう、と感じる日々ですが、
そういうアンタは還暦過ぎてもカンロクない、と自分に言わざるをえません。

  • 2012/07/03(火) 11:27:43 |
  • URL |
  • くろ #-
  • [ 編集]

Re: くろさま

> ちかごろの若いモンはなんてガキっぽいんだろう、と感じる日々ですが、
> そういうアンタは還暦過ぎてもカンロクない、と自分に言わざるをえません。

小生の場合、貫禄は腹回りにのみ付いてしまい、頭の中は「青い!」→ 頭の天辺は「寒い時は寒い」「暑い時は暑い」、キリッ!
下手な緩衝はない。ダイレクト。

別にイバルほどの事象ではないか・・・グスン。

          夢寅 拝

   

  • 2012/07/03(火) 12:04:07 |
  • URL |
  • 夢寅 #2u.skda2
  • [ 編集]

>その羽の色でもう圧倒的なファン多し。
「あの声あの飛び方の奇抜なるは別として、その羽毛の彩色に至っては、確かに等倫を絶している。」柳田国男著・野鳥雑記から
>試作局地戦闘機「震電」。
少年時愛読していた「少年マガジン・サンデー」、能天気に、当時戦記ものの連載(紫電改のタカ等)に夢中になっていた頃を懐かしみ、この辺りの感覚共有・・・

Re: クマタケ氏

> >試作局地戦闘機「震電」。
> 少年時愛読していた「少年マガジン・サンデー」、能天気に、当時戦記ものの連載(紫電改のタカ等)に夢中になっていた頃を懐かしみ、この辺りの感覚共有・・・

御意!
そのコメント、待ってました!

「紫電改のタカ」が面白かったのは、決して単純な戦記モノではなく、戦争という大きなシステムに飲み込まれていきつつも時代に迎合や乗り移りすることなく、仲間たちとの友情や故郷の人々への愛、戦争が終わったら教師になりたい・・・主人公のそんな感情・思いへの作者 ちばてつやの書き込みがパセティックで美しく、共感したのだと思います。

勿論飛行機、それもプロペラ機のもっている生き物的なデザイン・機能への興味・あこがれもありましたが。

また書き込めば長くならざるをえないので、ご面晤の折・・・

            夢寅 拝

  • 2012/07/05(木) 00:06:44 |
  • URL |
  • 夢寅 #2u.skda2
  • [ 編集]

震電

特異な形状ゆえに、試験飛行の際仰角を大きく取りすぎたためにプロペラが接地して離陸に失敗したことがあるそうです。

・・・月刊誌「丸」、読んでいました。

  • 2012/07/05(木) 23:40:07 |
  • URL |
  • プカプカ #-
  • [ 編集]

Re: 震電

> 特異な形状ゆえに、試験飛行の際仰角を大きく取りすぎたためにプロペラが接地して離陸に失敗したことがあるそうです。
>
> ・・・月刊誌「丸」、読んでいました。

老朋友のコメント、お待ちしておりました~。

> ・・・月刊誌「丸」、読んでいました。

ふふふ。

どうも14~15歳のころの記憶というか、傾向というのは年をとっても性格のコアに樹木のコブのように沈んでいるんでしょうか。鋸を入れられると、樹の節のように直線切断に反発してしまうアバレが出てくるようで。
なかなか人間、年とっても丸くなれません。

またmail、します。

             夢寅 拝


  • 2012/07/06(金) 23:14:09 |
  • URL |
  • 夢寅 #2u.skda2
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yumetora.blog3.fc2.com/tb.php/4707-f70bd6f6