お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

「春っぽいですね~~~」家人お散歩。

130228myトビ


なんたって昼間は16度まで気温あがって・・・。

「春っぽいですね~~~」家人お散歩。

my鳶さん、悪者烏にちょっかい出されている。





130228アオサギ


アオサギ・・・




130228カシラダカ130228


カシラダカ。




130228シジュウカラ


シジュウカラ。





130228ジョウビタキ


ジョウビタキさん。

「春だわ~~~~。」




130228ツグミ


ツグミン。
春光に嘯く。




130228メジロ


メジロさん。




130228仏の座


仏の座。




130228あにい


兄い猫、舞台で日向ぼっこ。



130228ろく


ロクサーヌさま、ボケ~~~~。

「春だわ~~~~~。」





兄妹猫の夕方の風景。

1302271 あれっ、どこ行くの


1 あれっ、どこ行くの?
   兄い猫said。




13-02-27_001.jpg


2 柵から出たら危ないよ!
   兄い猫said。




13-02-27_002.jpg


3 そんなこと言ったって!
   ロクサーヌさまsaid。




13-02-27_003.jpg


4 サラダ食べたいの!
  ロクサーヌさまsaid。




13-02-27_004.jpg


5 やれやれ
   兄い猫said。




13-02-27_005.jpg



6 夕暮れのひととき。
  兄い猫、沈思・・・。


尻尾が夕日に浮かびでて、兄い猫 キメ!

♪男は~誰もみな~孤独の戦士~





クマタケ氏への返歌・・・>♪こんな地球にゃ住みあきたとネコが言い出せば

130226今宵の月


>♪こんな地球にゃ住みあきたとネコが言い出せば ・・・

「てゆ~か~、実はあたしは~かぐや姫を~前世やっていたの~~~」
「だから~♪こんな地球にゃ住みあきたというよりか~たまには里帰りしようかな~~。ってことなの~」
ロクサーヌさま談。





130226明日が満月


明日が満月。

「まあ、あたしの帝国のことがあるし~、そうそう里帰りってわけにもいかないわ~。ノブリス・オブリージュ。楽じゃないわ~女帝してるのも~~」

ロクサーヌさま談。




こんな日には・・・・

130224IMGP3085.jpg


ボケ。

ワンコイン盆栽。

日の当たる窓で、数輪咲く。





130224IMGP3092.jpg


兄い猫。

く~か、く~か。



130224IMGP3098.jpg



模様が似ているので、写真では判別が難しいといわれることもある兄妹だが、こっち 鼻の横に焼き饅頭のタレ模様がついていて、尻尾はカギっちょ、胴回り 豊かなのがロクサーヌさま。

上の、尻尾が長くて、筋肉質なのが兄い猫。




雨水 土脉潤起   雨が降って土が湿り気を含む

130222IMGP3065.jpg


今年最後の冬の踏ん張りどころ。なかなか気温上がらず・・・。

頑強に冬が居座っているが、もうそろそろ、いい加減そろそろ春ってことにしたいのだが。

いつもの梅の神社、偵察。
白梅、初めて。しっかり咲き始め。



130222IMGP3055.jpg


紅梅も。




130222ウグイス


ウグイスさん待機中。




130222カオジロガビチョウ


カオジロガビチョウ。




130222コゲラ


コゲラ



130222トビ


このヒトが、次のmy 鳶候補のようだ。
いつものお散歩コース、ちょくちょく旋回中。




130222IMGP2914.jpg


不滅の4番バッター(?)、ロクサーヌさま・・・
ロクサーヌさまは・・・寝ている・・・・。




久しぶりに定点散歩(家人)で鳥見~~。

130220IMGP2880.jpg


春の足踏みだから仕方ないとはいえ、ここ5日程の悪天には焦れた~~~。(ジレジレ)

寒いし、風は吹くし、雪・みぞれまで降るし。
(札幌の老朋友に雪なんていうと、本場の雪を知らん内地のやつは~~!と叱られそうだが・・・)

寒いが、晴天ならまずはご機嫌良し。

で、家人、いつものコース散歩。

冬枯れの風景だが、どことなく光が春の光を思わせて・・・。




130220キジ


キジさんもキビ団子~~~!?
ケンケン~~!(意味不明)





130220シジュウカラ


シジュウカラ。




130220ジョウビタキ♀


ジョウビタキ

羽の白いチョンチョンが可愛くて。






130220ジョウビタキ


ジョウビタキ

青い空はいいぞ~
ジョビジョビ!




130220ツグミ


ちょっと見るとかなりハードボイルド風の顔だが、よく見るとツグミン。





130220ツグミ2


今日は何かエラソ~なツグミン。





130220ホオジロ


ホオジロ



130220メジロ


メジロ




130220メジロ2


メジロさん。

今日、一番可愛い表情。

kyon!





雪が残る道をお出かけ。節分草も雪にイジメられて。

130216IMG_5788.jpg


某所、某寺。

標高が高いエリアは、やはり雪が残っている。
スタッドレスタイヤを履いていても緊張。




130216IMGP2743.jpg


塀に残る雪。




130216IMGP2740.jpg


蝋梅は咲いている。



130216IMGP2745.jpg


節分草も雪にイジメられてちょっとかわいそう。




130216IMGP2753.jpg


参道は雪景色。




130216IMGP2759.jpg


春待ち。




今日はみぞれ混じりの日だから、昨日の写真をUP。

130215IMGP2679.jpg


今日は朝からみぞれ。
寒い。

昨日の写真の整理して追加のUP。

昨日は大室公園の後、女渕城址に廻った。いまは公園として整備され、車で訪れることできるが、鎌倉時代から戦国期まで争乱をくぐって来た古城の遺構が比較的よく残されていて興味津々。
古城マニアも多くて、「女渕城址」で検索すると多数ヒットする。城自体についての記事は他に任せ、お散歩趣味は本分忘れず、眼についた面白ものをUP。

そもそもこの沼がいかに赤城山麓の貴重な水資源であったか、という事なのだと思う。
灌漑用の水として開墾地主たちの生命線だったし、城を作る時この沼の地形は防衛の要になったと思う。
土の城が多い、土塁と空堀中心のこの期の上州の城の中で、女渕城は水堀を複雑に組み合わせた珍しいものだと思う。




130215IMGP2682.jpg


いまは鴨さんたちが水堀を専有。




130215IMG_5735.jpg


宅地化、畑化が進んでいるが、水堀の所為か、城の縄張りが今でもはっきり見て取れる。

いまは観音堂があるこの場所も明確に城の廓の跡。




1302151-IMG_5742.jpg


この観音堂には県重要文化財の観音像が残っている。

開帳は60年ごと、とのことだが、ふむふむ8月の縁日をチェック φ(..)





130215IMG_5745.jpg


興味津々、もう少し資料を読んで再訪のつもり。




130215IMGP2698.jpg


ここも城の一廓、龍光寺。



20130215_000.jpg


あとはこの近くで見た鳥さんたちの記録。



20130215_002.jpg


::



130215モズ 130214


::



20130215_001.jpg



城の廓の一角に豊川稲荷の祠あり。

ちょっと図書館で資料にあたろうかな、と思ったりして・・・。



風もなく穏やかな日、大室公園にヒレンジャクを見に行く。

130214IMGP2565.jpg


いました、ヒレンジャク。

緋連雀。

このところ鳥ブログで大室公園のヒレンジャクが話題になっていて、天気の良い今日、出かけた次第。

鳥見用大望遠レンズを装着した諸氏が三脚を立てて狙っている。

なるほど。



130214IMGP2541.jpg


ヤドリギの実を食べる。




130214IMG_5667.jpg


下から見上げるので、羽の色を撮したいのだが難しい。
ポーズを付けたいけど、そうも行かず・・・。

まず見られたことだけでも良し、とせねば・・・。




130214IMG_5714.jpg


お馴染みさん。




130214IMG_5705.jpg



::



130214IMG_5694.jpg


古墳もちょっと。

せっかくの大室古墳群ですから。



130214IMGP2649.jpg


ここも好きで。




130214IMGP2650.jpg


大室公園愛好者です、はい。





1枚だけUP・・・・乱れちょんまげ~~!

130213乱れチョンマゲ


ちょっとだけ。

1枚だけUP・・・・乱れちょんまげ~~!




寒い~~~!昼前から風花。

130211ひーよ


ひ~よ、大元気。
寒いのに、山茶花の茂みで活躍中。



130211うーちゃん、婚姻職


うーちゃん、婚姻色。




130211風花が…


風花が…。




130211風の強い日


風の強い日。





浅間のドアップに、妙義も。

130210IMGP2266.jpg


安中から富岡に行く道ででっかい浅間を見たので、1枚UP。




130210IMG_5639.jpg



妙義も近く見えて、とりあえず1枚。

虻田の福寿草を見られたらな~、と覗いてみたけど、まだ咲いていないということで(´・ω・`)ガッカリ…

今年はやはり春が遅いのだろうか。

まあ個人的に今日のログとして、UPまで。

m(__)m、




三寒四温というより、まだ冬が強いんだが春も負けず各戦線で突破を狙っている、という情況かな。スノードロップ見た。

130208IMG_5616.jpg


三寒四温というより、まだ冬が強いんだが春も負けず各戦線で突破を狙っている、という情況かな。スノードロップ見た。

いつもの天神山。

風が冷たく、冬 なかなか頑強。

赤城方面を見る。


130208IMG_5570.jpg


またまた行きました、天神山の高崎クリスマスローズガーデン。

スノードロップ偏愛。ついついスノードロップに眼が行ってしまう。
クリスマスローズさん、m(__)m




130208IMGP2177.jpg


::




130208IMGP2189.jpg


::




130208IMGP2210.jpg


::




130208IMGP2216.jpg


::

静かな心地良い時間を楽しませてもらった。

群馬県高崎市にある高崎クリスマスローズガーデン&里見の果物の富久樹園(クリック!)

のぼるさん家のクリスマスローズ(クリック!)

thanks!



雪の降った次の日、赤城山麓へ。嶺公園の満作。

130207IMGP2124.jpg


どことなく春の気配。雪の溶け方が早い。

>立春 初候 東風解凍 (はるかぜこおりをとく 東風が厚い氷を解かし始める)

>ロクサーヌさま、立春に際して一言ご挨拶。

>「みなのもの、立春大吉!」

やはりロクサーヌさま、万物 春の気配。


思いつきで赤城方面。
一応雪の赤城チェック。



130207IMGP2136.jpg


マンサク。
>マンサクの語源は明らかでないが、早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれている。by wiki。

嶺公園まで。




130207IMGP2143.jpg


::




130207IMGP2131.jpg


::




130207IMGP2155.jpg


公園内の散策路は、まだ雪で歩きにくいし、パス。
鳥見に行きたかった気もあったが欲張らず、マンサクを見たし、自ら足るということで。



130207IMGP2156.jpg


生垣の雪も溶けつつあって、今日は温かい。気温12度位か。

一気にとはいかないが、少しづつ少しづつ春へ。



雪なんで・・・家に引きこもり~~。

130206IMGP1970.jpg


雪の山茶花。



130206IMGP1975.jpg


窓辺の乙女、雪・・・

「あたしは~元雪の精だったのかも・・・・美人薄命って言葉もあるし、儚さを感じさせるといわれるし」

  ロクサーヌさま、呟く。

はい、ロクサーヌさま、雪だるまを思わせるそのお姿、確かに元雪の精かも。




130206IMGP1974.jpg


な~に失礼ね!





130206IMGP1977.jpg


はぁ~~~~( ´Д`)=3







風の強い朝、家人お散歩・・・鳥見~~~~。

130205エナガ


風の強い朝、家人お散歩・・・毎度おなじみさん、鳥見~~~~。

エナガさん。




130205アオジ


アオジさん。

ニューフェイス、というわけではないけど利根川散歩ではニューカマー・・・かな。




130205カシラダカ♀?


カシラダカさん。






130205シメ♀?


シメ?"

〆子さん?




130205ガビチョプ


ガビチョウ。





130205ジョウビタキ♀


ジョウビタキ

ジョビ子さん?



130205ジョウビタキ



ジョウビタキ。ジョビジョビ。



130205ヒヨドリ


ヒヨドリ。

ひ~よ。





130205メジロ


メジロさん。



130205ホオジロ


ホオジロさん。





130205モズ


モズ。

モジ~。
アメリカのテレビドラマ「ホワイトカラー」のDVDが好きで、とりわけ副主人公の天才詐欺師「モジー」のファン。
あまり関係ないことだけど、ちょこっと一言。




130205風の強い朝


風の強い朝。

夢寅は朝寝坊。


朝は弱い・・・低血圧のはずで、ずう~~とそう思ってきたんだけど、医者から血圧高い、と言われ、う~~ん。

血圧計で測定したら、そうでもあり、そうでもなさそうな・・・その度毎に数値が大きく異なるので・・・なんとも言えん~~。しかし朝は弱いことは変わりなし。間違えても早起きしてラジオ体操したい、などと考えたことはないな。



立春大吉ロクサーヌさま!

130204IMGP1430.jpg


立春 初候 東風解凍 (はるかぜこおりをとく 東風が厚い氷を解かし始める)

ロクサーヌさま、立春に際して一言ご挨拶。

「みなのもの、立春大吉!」




130204IMGP1434.jpg


兄い猫、「ロクサーヌと来たらもう頭の中、桜色だわ。
まだこれから雪も降るだろうし、まったくも~~
」・・・・談。

兄い、飛行機耳になってます~~~。



渋川市 真光寺節分会@2013年。これで明日から立春~~。

130203IMG_5456.jpg


渋川市 真光寺節分会@2013年。

2011年以来だから、2年ぶり。
この真光寺節分会は本当に行くのが楽しみ。

空気がとても和やか、みんな歓迎、みんなで明日から春、といった感じ。

真光寺さんのおおらかさなのか、当方檀家でもないのに気軽に参加させていただいている。

元三大師の鬼大師像。

2011年の記事(クリック!)





130203IMGP1774.jpg


護摩供。

炎の清浄。

火が持っている原初の威力(文字通り 威力)を感じる。

炎の神秘。




130203IMG_5395.jpg



::




130203IMG_5400.jpg



:::



130203IMG_5393.jpg


色使い。

結ばれた印。




130203IMG_5417.jpg


この太鼓がスゴい。

これが大勢の僧と信徒の唱える咒にドライブを掛けて、垂直方向にグイグイ引き上げていく。

これで冬を払い、新しい季節、春を呼び込む。

太鼓のリズムに身を任せる、これって快感。




130203IMGP1810.jpg


う~~~ん、有り難し。

この後、木遣りの奉納と恒例の豆撒き。

住職の音頭で「福は内、鬼は外」の大豆撒き大会。




130203IMG_5385.jpg


欄間の彫刻。




130203IMGP1849.jpg


境内に「マヒワ」さん、結衆。


立春大吉。


4月並みの陽気だそうで、鳥見~~~。谷地沼・鳶冬季学校。

130202IMG_5294.jpg


谷地沼公園。

あらよ!

鴨さんたち、「飛びます!」





130202IMG_5297.jpg


着水~~~!




130202IMGP1657.jpg


で、谷地沼の風景。

今日は赤城ぼんやり噯気に霞む。



130202キンクロハジロ


キンクロハジロさん。




130202コガモ


コガモさん。




130202ノスリ


ノスリさん、旋回飛行中。

谷地沼は、沼の向こうに野原もあり、水鳥のほかいろいろな鳥見られる。
雉も見たことあり。



130202IMG_5304.jpg


日当たりの良い堤防に植えられていた。




130202IMG_5315.jpg



場所を変えて、鳶柱見に行く。




130202IMG_5320.jpg


鳶冬季学校(ウィンタースクール)。

冬の間、若い鳶たちが集まる。

教授陣か。

烏もなにやら来校中。




130202IMGP1716.jpg


ぶ~~~ん。




130202トビ



鳶さんの勇姿。




130202IMGP1738.jpg


場所は違うが、畑をパトロール中の若い猫。





暖かい日、甘楽ふるさと農園までヒツジさんを見に行く。

130201IMG_5205.jpg


去年02/09の記事「甘楽ふるさと農園でヒツジの赤ちゃん・・・」(クリック!)を思い出したこともあって、暖かい日、甘楽ふるさと農園までヒツジさんを見に行く。

ここしばらくの寒さが緩んだ感じ、風がないせいもあってどことなく春めいている。

>「甘楽ふるさと農園」というクラインガルテン(賃貸制の農園)の端っこ。
古墳もあり。
(廻りが柵で囲われていて、ちょっと入れないけど。多分崩れ防止のため。)

古代からヒトが住みたい場所なんだろうな、と思う。
・・・・

と前の記事で書いたけれど、そろそろヒツジさんの赤ちゃんはどうかな、と車走らす。

はぁ~~~~・・・・久しぶりのお出かけ。

赤ちゃんは見えなかったが(出産シーズンはもうちょっと先かな)、笑ったような顔のヒツジさんに会った。




130201IMG_5202.jpg


警戒と言うことでもないのだろうけど、「め~~~め~~~」と鳴く。




130201IMGP1597.jpg


何故か目線あってしまった。

善人顔のヒツジさん。




130201IMGP1616.jpg


::::

親子かな?



130201IMGP1604.jpg


白菜の芯やら、野菜の差し入れをしてもらって、ご機嫌のヒツジさんたち。




130201IMG_5197.jpg



向こうの山の上には確か神社があったはず。




130201IMG_5192.jpg



ガルテンの端には古墳。

柵があって、登れないのは残念。

眺めの良い丘陵の一番高いところに作られた古墳。

このあたりを開拓した首長の古墳だろうか。

向こうには妙義、荒船、浅間・・・。



130201IMG_5194s.jpg


エヘン!





130201IMG_5223.jpg


エノコログサという呼称より、ねこじゃらしの方が良いような気がする。

ひとつひとつの穂先に春めいた光。