お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

おだやかな年の瀬・・・・・大晦日のお散歩。

121231おだやかな年の瀬


午前中は雲が切れてくると、急に出てくる暖かい陽射しがうれしい。
大晦日の散歩。

赤城、山の上の方から陽があたってきて、おだやかな年の瀬の感。



121231IMGP5059.jpg


ズームで見てみると赤城も寒そう。

前橋は今日は風がなく、暖かい。



121231ノスリ?



ノスリ?

鵟。

利根川原の雑木に黙念と羽休めている。



121231飛んだ!



飛んだ!




121231IMGP9986.jpg


枝に止まった!






今年も拙ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。



どうぞ良いお年をお迎えください。

     夢寅 拝



年末、閑閑・・・鳥見。

121229〆太



「〆太」。

また顔見せに来てくれた。
こちらは大歓迎で、ニコニコしているのだが、先方は相変わらずの厳しい表情。
もうちょっと愛想が良ければな~~、と思うこともあり。
(でも〆太のニンマリした顔というのは想像できん・・・(^^ゞ)



121229カケス


カケスさんも登場。




121229カケス2


家人、ちょっとワクワク。



121229スズメ


雀さん、最近ダウンパーカー(今流行の軽量ダウンではなく、トラッドなヘビーデューティーアイビーの頃のもこもこダウン・・・昔はヘビアイなんてメンクラで特集していたんだけど、知っているヒト少ないだろうな)着ているヒト=寒雀が多いんだけど、この雀さんたち スリム。



121229トビ


鳶さんたち。

my鳶さんではない、ご近所鳶。

my 鳶は鳶学校の冬期スペシャル授業かな。



冬至 次候 「麋角解 」大鹿が角を落とす ・・・・歳晩の朝焼けやら

121228IMGP9810.jpg


朝焼け。
寒し。
低気圧通過の朝。
あと数日で大晦日。

年越し寒波の予報も。

北国の老友、雪かきで腰痛めていないといいが・・・。

こちらZIPPOの黒カイロを常備して、マッサージとサウナで凌いでいる。



121228IMGP9811.jpg


オブジェ。



121228IMGP9818.jpg


窓辺にあるもの。



121228IMGP9806.jpg


昨日の1枚。

雀の樹。



121228ウスタビガ(薄手火蛾)


ウスタビガ(薄手火蛾)"の抜け繭。


年末恒例 旧新里町山上城址公園散歩。

121225IMGP4999.jpg


毎年毎年の定点観測、山上城址公園。

去年も大晦日に行っている。
人間は習慣の動物、というけれど、それだけではなくその場-土地への愛着とか、そこに行くと感じる自分の感情の記憶やら、いろいろなものが絡みあって、何度も訪れるのかも、と思う。

広闊な空間、風、枯葉の匂い、次の季節を眠って待つ花木や草。



121225IMGP9737.jpg


枯葉に埋もれた三の丸。



121225IMGP9747.jpg


石垣の城ではなくて、土の城だった頃を思う。



121225メジロ



メジロさん。



121225エナガ


いつも忙しいエナガさん。



121225IMGP4992.jpg


次の季節への静かな準備、若芽。




121225蝋梅


蝋梅の蕾も。



121225辛夷



辛夷。



聖なる夜に・・・昼の話。あれこれ。謎のイキモノ!

121224IMGP9671.jpg


クリスマスイブ。
晴れているけど、やはり寒くて・・・。

最近、当ブログの人気者ランク上昇中のシメさん。

「〆太」て名前つけちゃったりして・・。



121224IMGP9669.jpg


エラそうだが、足は細いし、顔に比べると身体はなんとなく威厳を損じている気がする。

そんなことを書くと、〆太さんに叱られるかも。




121224IMGP9687.jpg



で、ちょっと軽くお出かけして近郷の農村地帯に。
車で村道を走っていたら、不思議なヒトが道路の真中をトコトコ走っている。




121224IMGP9682.jpg


なにか不思議なイキモノさん。

シュールな感覚。

道の真中・・・トコトコ。


馬ではない。
ロバでもない。
山羊でもない。

え!

ひょっとすると「鹿」さん?




121224IMGP9683.jpg


尻尾のないお尻、2つの黒い斑・・・角、見えない。耳、立っている。・・・・う~~ん。


「え!なんじゃこのヒト!」

サンタクロース追跡はNORADのお得意だけど、このセクシーなお尻を見ては当方も追跡せねばならぬ。
先導されて、水路の橋を曲がる。


正面の顔を見せてくれないまま、小さな集落に入っていく。

後ろに跳ね上げた足の裏見ると、偶蹄類のような気が・・・・。




121224IMGP9690.jpg


ピンぼけだけど、顔がちょっと垣間見られる写真。

ヒツジさんのような気もする・・・。毛を刈った後の野良ヒツジさん?あるいは脱走ヒツジさん?


う~~ん、謎。

どなたか「なんだ これは**だよ!」とご教示いただければ幸いです。

謎のイキモノさんは、やがて農家の私道から雑木林にその姿を消したのでありました。



121224IMGP9696.jpg


「ワシは何を隠そうこの辺りに住む、紛れようもない、男一匹猫じゃがね。」

ちょっと大きな猫さん、立派な長い尻尾でご挨拶。



121224IMGP9698.jpg


葱畑の向こうに赤城山が大きく見えて。


榛名は雪雲が覆って来た。


かくして上州のクリスマスイブ。

Merry X'mas!

すべてのイキモノたちにpeace!





クリスマスイブ*2に前橋市街地、ちょい歩き。風邪でごほごほ・・・

121223IMGP9631-001.jpg


クリスマスイブ*2(=23日だからクリスマスイブ・イブ)に前橋市街地、ちょい歩き。風邪でごほごほ しながら・・・もうちょっとで風邪も抜けるかな。

諸般の用もあり、街ナカに。
街ナカに、なんてのは本当に稀になってしまって。

いつもだけど、大蓮寺さんにご挨拶。
前橋人には馴染み深いお寺。弁天さまにお地蔵さん。

今日覗いたら、門前に門松。
う~~ん、お正月近し・・・か。


121223IMGP4924.jpg


今日はふとお地蔵さんを後ろから見た。
真っ正直で、親しみやすいお顔を正面からちょくちょく見ているけど、後ろからしっかり見たのは初めてのような気分。



121223IMGP4925.jpg


南無阿弥陀佛。

浄土宗のお寺だから、南無阿弥陀佛は当然だけど、背中にしっかり彫られているのにはいままで気づかず。



121223IMGP4932.jpg


一応、看板もUP。



121223IMGP9642.jpg


公衆トイレの前で、主人を待つヒト。




121223IMGP9650.jpg


看板猫さん。



121223IMGP9654.jpg


光線の加減か、眩い金色に輝くビル。

いままで気が付かなかった。
前からあったと思うのだけど、斜光線のせいで今日改めて認識。




121223IMGP9655.jpg


金色ビル!



121223IMGP9629.jpg


家に帰ったら、ロクサーヌさま 今日は内省的。

日本の未来を深く憂慮か?




定番蝋梅の事前チェック、それに今日のメモ。

121220IMGP9611.jpg


いつもいつもの年末恒例 定番蝋梅、今年はどうかな、と事前チェック。



121220IMGP9612.jpg


::




121220IMGP9620.jpg


車でたまたま通った細い道で、出会った猫さん。



121220上弦の月


上弦の月。

大雪 末候 「魚群」 さけのうおむらがる 。

もう幾日かで冬至。




鳶さん、お出迎え。空も晴れているし、う~ん やはりお散歩。

121219トビがお迎え


窓のすぐ外で「ピ~ヒョロヒョロ」。

鳶さん、当方このところ顔出ししていないので、わざわざお誘い。

寒いとはいえ、風 強くない。
晴れ。

二人で近くを軽く・・・お散歩。



121219風に乗る


鳶さん、風に乗る。

数羽の鳶さんたち、代わる代わる散歩道上空にご挨拶、旋回。




121219八つ手



八つ手の花。



121219ふくよかな


ご近所のお地蔵さん。

ふくよか。

微笑しているのかな。


121219ひなたぼこ


帰り道、子猫さん#1、ひなたぼこ。



121219落葉のベッド



子猫さん#2、落葉のベッドに包まれて、気持ち良さそう。

はぁ~・・・。

家人、そろそろ風邪、抜けそう・・・な気がする・・・・といいな。
風邪抜けてくれないと、当方も困る。




風邪ひきさんは、窓から鳥見。

121218メジロ


家人、すっきり風邪が抜けてくれないので・・・。
窓から鳥見。


「あたしは夢見る乙女~・・・お嬢 六 窓辺にて。」(クリック!)を思い出す。



メジロさん。



121218ヒヨドリ



ヒヨドリさん。

「気合が足りぬな~!喝!」なんて叱られているような。



121218シメ


シメさん、風が強くて、着地危うし!

「おっと!」



121218マユミ


ご近所からマユミの枝、差し入れあり。



スノードロップはまだかな?で、天神山。

121215IMGP9459.jpg


家人風邪気味・・・・。

う~~~ん。 (´@ω@`)

でもとりあえず出かけ、ランチ。→天神山。

スノードロップはまだかな?
風邪気味とはいえ、気になる・・・・。気になる・・・・。

無理ない範囲でお散歩。

去年は2011/12/14に見ている。2011/12/14の記事=「榛名 里見の天神山で・・・スノードロップ@2011年。」(クリック!)


むふ!
今年も見っけ!


121215IMGP9447.jpg


枯葉の間から、早咲きのスノードロップ。



121215IMGP9437.jpg


この形。

やはりこのランプの傘の下は、清浄な光を与えられるような。



121215IMGP9415.jpg


:::



121215IMGP4806.jpg


2月の本番、満開で雪の下から咲いているスノードロップもいいけど、枯葉とスノードロップの対比も良いもの。
独り占めのスノードロップ、風邪の鬱陶しさをちょっと忘れて、邪気が少々抜けたような気分。



121215原種シクラメン「コウム」


原種シクラメン「コウム」の葉も。

これから来る冬の季節の楽しみ。



121215IMGP9401.jpg


まったくスノードロップには関係ないのだけど、午前中見かけた窓の中の猫さん。


開花の情況、ひと通りのチェック。風邪、慌ただしく帰宅。

家人、風邪薬飲んでロクサーヌさまを猫たんぽにしてベッドに・・・。

今夜は早寝!。


利根川散歩。鳥見中心。

121211氷結 利根川


氷結。
利根川の川岸付近。

「大雪  閉塞成冬 天地の気が塞がって冬となる」 。

はぁ~・・・。

去年買ったZIPPOのカイロ、何処に仕舞ったかな~~。



121211氷結 キセキレイ


「足が冷たいんですけど~!」

キセキレイさん、氷結した川原に片足立ちで憤懣の声。




121211今日のジョビちゃん



121211今日のジョビちゃん。

なにか雪が降っているように見えるけれど、飛んでいる星は羽虫。



121211IMGP9375.jpg


もう一枚、今日のジョビちゃん。

「陽だまりがおいらは好き!」


121211メジロ


今日の寒さにメジロさん、眼をまんまるにして・・・。

「諸氏、厳寒に向かう折から、ご自愛のほど祈念いたします。」
                              夢寅 拝


     

めちゃ寒い日、伊勢塚古墳(群馬県藤岡市)が気になって・・・お散歩。

121210IMGP9282.jpg


はぁ~・・・忘年会。

連荘で・・・・。あたしもとってもくたびれた~。
人間嫌いというわけではないけど、どうも自分で酒飲まない所為かこの手の付き合いは う~~~ん。
大体カラオケってやつ、無理強いする人が多くて辟易。

で、キーンと引き締まった冷たい風をまともに受けて、藤岡の白石古墳群辺りをちょっとだけお散歩。

気分すっかり変わる。ビシッ!


公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団HP 白石古墳群(しろいしこふんぐん)(クリック!)

伊勢塚古墳by wiki (クリック!)



121210IMGP9284.jpg



七輿山古墳や白石稲荷山を見てしまっている眼から見ると、この伊勢塚古墳は驚くほど小さい規模。

不思議な形(八角形 2段積み)。

南に面した開口部。




121210IMGP9288.jpg


この石積み!
石室石積みも面白い。
大きな石と小さな石。精巧に積み上げられている。



121210IMGP9293.jpg


玄室内から外を見る。

玄室の内部の構造については看板参照。


121210IMGP9296.jpg


なんなんだろう、この組み方。
小さい石は、丸いままこちらを向いている。
天井の石の巨大さに比べて、子供でも積めるくらい小さい石。

南向きの玄室なので、風が強くてもこの部分は風がなく、暖かい。




121210IMGP4732.jpg


看板撮り!



121210IMGP9266.jpg


唐突に、古墳とは無関係に、朝のロクサーヌ様登場。

物置の屋根で
「なにはともあれ 主役はあたし!」コール。

はいはい!


ごくごく短い散歩だったけど、冷たい風を浴びて気持ちが一新。



家人お散歩、某所鳥見。常連ばかりで変わり映えしませんが、みんな元気。

121209光の海へ カイツブリ


「光の海へ カイツブリ」。

寒い日、でも光はあって、常連さんたちはぷかりぷかりと波の上に。



121209大波小波 バン


「大波小波 バン」。


121209ヒドリガモ♀


「ヒドリガモ」。


121209ハクセキレイ 冬羽


ハクセキレイ 冬羽。

今日はクリーニングから帰ってきた羽衣の封を切ってめかし込んだハクセキレイさん。

ぱりっ!
キリッ!



121209オオバン


オオバンさんは、人(鳥)生の甘いも辛いも知っているような表情。



121209キンクロハジロ


>常連さんたちはぷかりぷかりと波の上に。
と書いたが、このヒトは「波の下」にちょくちょく。

そうだ、カイツブリさんも、だ。



夕方から風花、やがて薄雪、車の屋根に積もる。


「大雪  閉塞成冬 天地の気が塞がって冬となる」



昨日の友人とのお散歩、あっちこち。

121208IMGP4648.jpg


箕郷の下田邸、ご案内。

もうさすがに紅葉は終了。

友人の定点観測ポイントに登録のお手伝い。



121208IMGP9151.jpg


箕輪城も軽く・・・。
途中から風が強くなって、一回りだけ。



121208エガラ


途中「エガラ」さん、発見。



121208コゲラ


本丸でコゲラさん、@work。



121208陽だまり


行きの道、山羊さん、猫さんたち、陽だまりで和んでいた。

のうのう。

悠々閑々。

「陽だまりはいいの~」。


121208すたこら


子猫、警戒心強くて・・・。

ご挨拶したのだけど、「すたこらさっさ・・・」

まあ先方には先方の事情もあるし。



お久しぶりのご近所朝散歩。+沼田から白い山もちょっと。

121207隣りのトビ・ジュニア


隣りのトビ・ジュニア。

最近my鳶、姿見ない。
お引越し?あるいは鳶冬季学校に入校したのか?

昔のmy鳶のエリアに、隣りの鳶・ジュニアが悠々と旋回飛行。



121207ホオジロ


ホオジロさん。

「my鳶の行方、知りませんか?」と問うも返事なし。

「会者定離・・・訥!」


121207セグロセキレイ



セグロセキレイさん。

「my鳶の行方、知りませんか?」と問うも同じく返事なし。

「行雲流水」・・・セグロセキレイさん、しばしの沈黙の後、低く呟く。


121207カワラヒワ


ちょっと厳つい感じのカワラヒワさんたち。

「my鳶の行方、知りませんか?」と問うも返事なし。

「・・・・・・無~!」

やはり、冬季鳶学校に入学?

ちょっとさびしい。


121207下弦の月(朝9:28)


下弦の月(朝9:28)



121207谷川岳


思いつき、白い山を見たくて沼田までお出かけ。

谷川岳見る。



121207武尊山


上州武尊山。



下仁田町までドライブして、黒瀧山不動寺。

121205IMGP8858.jpg


下仁田町の鍋屋さんで「すき焼き御膳」。
下仁田ネギ+下仁田蒟蒻+椎茸+牛肉。
冬迎撃の気合入れ。

さてさて。

黒瀧山不動寺、紅葉は終わっているだろうな、と思いつつ車を向ける。


ちょうど紅葉最後の頃。
帰り、車に乗ったら、靴の裏に張り付いていた紅葉が床にいっぱい。

かくして冬へ。


121205IMGP8859.jpg


お不動さん。


121205IMGP8861.jpg


::



121205IMGP8867.jpg


::



121205IMGP8881.jpg


最後の紅葉。



121205IMGP8885.jpg


「・・・万物元気 消災吉祥」



121205IMGP8904.jpg


::



121205IMGP8916.jpg


岩雲雀(イワヒバリ)さん、登場!



121205イワヒバリ 岩雲雀


ちょっとアップ!



121205IMGP8921.jpg



日没迅し。

はぁ~・・・。寒い。で、身の回り50mでのイキモノ観察(トビモノ、ネルモノ)。

121204IMGP8682.jpg


トビモノ#1  雀さんたち。

「ま~ず、サミンさね~」。


121204IMGP8716.jpg


トビモノ#2

シメさん、変わりやすい今日の天気。
つかの間の青空の下、大不動心修行中。

「吽」




121204IMGP8806.jpg



トビモノ#3

::

ヒ~ヨはまあヒ~ヨですから、修行は好みではない。

「まったくも~、冬が来たぞ~!」


121204IMGP8785.jpg



トビモノ#4

::

「まあ冬が来たというのは否定しませんが、それはそれとして まあ仕方ね~や」


121204IMGP8812.jpg



トビモノ#5


ただただ・・・

ちょこまかちょこまか。


121204IMGP8688.jpg


ネルモノ#1

ロクサーヌさま、凝視。

大きい目ん目。

なにか考えてるのかどうか、う~~ん、謎。





小雪 末候 橘始黄・・・なにか心も寒くなるような空だけど、高崎市染料植物園散歩。

121202IMGP8735.jpg


寒い~。
空も陽が雲に遮られて、気温上がらず。
風がないのがまだ救い。

小雪 末候 橘始黄・・・

次の七十二候は「大雪 閉塞成冬 天地の気が塞がって冬となる 」

その間際。
気勢が挙がらない。

とはいえ(!)高崎市染料植物園散歩。

ポットにはコーヒー詰めたし、スマートフォン用手袋とマウンテンパーカーでしっかり武装。



121202IMGP4578.jpg


裏観音。

白衣観音さんを斜め後ろから見る。


121202IMGP4580.jpg


ひびき橋。

資料館からの木道とこの橋、良い感じ出している。



121202IMGP8717.jpg


染料の原料となる植物を集め、保護管理する日本初の植物園・・・by 高崎市観光協会HP

草木には固有の名前があって、それぞれ説明板があったけど省く。




121202IMGP8719.jpg


::



121202IMGP8720.jpg


::



121202IMGP8723.jpg


閉塞成冬 天地の気が塞がって冬となる 、も間近。

木々、寒山への間際、最後の火群立つ。



121202IMGP8732.jpg


どんぐりについて、それは総称であって、一部または全体を殻斗(かくと)に覆われる堅果・・・・。

ふ~む。
染料植物園の休憩所にパンフがあった。
なるほど、と頷く。

>ドングリの範囲 by wiki

日本語でドングリとされるのは、ブナ科の果実の内、普通クヌギ・カシ・ナラ・カシワなどである。クリは含まれない。ブナ属は普通含まれない。地域や時代、個人にもよるかも知れない。

スダジイについてはドングリとは呼ばない事も多いが、馴染みのない特に現代人はドングリと呼ぶかも知れない。

狭義ではクヌギの実を指す。

ブナ科の果実では、固有の名称を持つものがある。クリの実は「栗」もしくは「栗の実」と呼ばれる。「椎の実」、「なら」の実の語もある。ブナの実は、「そばぐり」と呼ばれる事もある。

ブナ科ではないが、似た外見のものとして、ヘーゼルナッツ等のハシバミ類の堅果や、トチノキの種子(「とち」もしくは「とちのみ」と呼ばれる)がある。


話は飛ぶが、今日夕食に、先日の国分寺で拾ってきた銀杏を茶碗蒸しで食した。緑がきれいだった。
(個人的メモ)



121202IMGP8741.jpg


駐車場で会った猫さん。
なんといっても寅猫さん大好き。
「これからワシ、デート!♪」と白黒斑さんとランデブー。

冬寂びには関わりない感じの元気な寅猫さん、幸多かれと祈ります。