お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

七十二候でいえば秋分の次侯・・・赤城自然園で浅黄斑(アサギマダラ)見る。

110929IMGP0091.jpg


七十二候でいえば秋分の次侯・・・「蟄虫坏戸 虫が土中に掘った穴をふさぐ」

秋深まる。

新聞で「赤城自然園でアサギマダラ」の記事。

浅黄斑と聴けば、行かねば。

今年は浅黄斑追っかけの夏だった。
うちでは家人、「浅黄斑ちゃん」・・・ちゃん付けで呼んでいる。
思えば、鹿沢―榛名―鹿沢再訪―赤城で今年の追いかけもお開きか。


赤城自然園は大昔行ったことがあるくらいで、本当にお久しぶり。HP(クリック!)



110929IMGP0194.jpg


浅黄斑ちゃん、ベタ貼り。

上の2枚の浅黄斑にはマーキングされている。

wikiから
>移動

アサギマダラの成虫は1年のうちに、日本本土と南西諸島・台湾の間を往復していることが知られている。ただし北上する個体と南下する個体は子孫の関係で、同じ個体が移動する渡り鳥の移動とは異なる。

移動の研究は、捕獲した成虫の翅の半透明部分に捕獲場所・年月日・連絡先などをマジックインキで記入(マーキング)、放蝶するという方法で個体識別を行う。このマーキングされた個体が再び捕獲された場所・日時によって、何日で何km移動したか、あるいは同所で捕獲した場合何日そこに居たかが分かる。

研究者達によって、夏に日本本土で発生したアサギマダラは秋になると南西諸島や台湾まで南下、繁殖した子孫が春に北上し、日本本土に再び現れるという行動が明らかになった。中には直線距離で1,500km以上移動した個体や、1日あたり200km以上の速さで移動した個体もある。


110929IMGP0117.jpg




110929更科升麻


更科升麻(サラシナショウマ)と浅黄斑。


110929IMGP0217.jpg





110929孔雀草


孔雀草。



110929秋明菊




110929彼岸花


林の中、彼岸花群生。


110929野紺菊




110929IMGP0203.jpg




110929IMGP4924.jpg



大昔来たときには、この場所あったかな。

光眩しく、木陰のベンチでぼんやり秋の光線の動きを見守る。


利根川散歩・・・青鷺さん、「捕ったど~~!」

110927_IGP0012.jpg


家人の今朝の散歩(夢寅、朝寝中・・・・はぁ~~)。


110927_IGP9991.jpg


青鷺さん、なにか昔の怪獣「ラドン」を連想させる佇まい・・・・。


110927_IGP0006.jpg



青鷺さん、「捕ったど~~!」

今日の利根川・・・鷺の舞そして台風の爪痕

台風の後の濁流も落ち着いてきて、鷺さん、鵜さん(発音しにくいので う~さん と呼ぶ)集っている。
台風の大水の所為で川の流れも風景も変わって、中洲 樹々が流されて妙に寒々しい。

水位も下がっているし、そのため中洲も石の頭の部分だけ、顔を出している。

そんな中、鷺さん 鷺の舞。

110926IMGP9934.jpg




110926IMGP9909.jpg




110926IMGP9910.jpg




110926IMGP9920.jpg


キメっ!


110926IMGP9871.jpg



鷺さんのキメポーズの後の目線を赤城に向けて、ふとどこか違和感。

目を凝らすと、対岸の石垣がズド~~~ンと大きく落ちている・・・えっ!

今回の台風はいつもの台風より水量、風雨も格別スゴいという感じではなかったが、増水した利根川の激流がぶち当たる石垣が大きく崩落。

う~~~~ん、さすがに利根川=坂東太郎、怒ると怖い。

いつも穏やかな顔しか知らない利根川の荒御魂。

畏怖。
畏敬。



家人、ちょっと一人で遠出。曼珠沙華。

110922IMGP9787.jpg


いつもの定点観測ポイントの曼珠沙華が気になる家人、ちょっと一人で遠出。


110922_IGP9814.jpg


稲も台風の被害免れたようで、刈り入れを待つ。




台風一過。赤城も顔出す。利根川、濁流。

110922_IGP9767.jpg


台風15号通過。列島縦断。

圧倒的な自然のパワー。

いささか説明不足の文脈で、唐突に語ってしまうが、巨大な鯨の背の上に大威張りで町を作るお話を思い出した。

災害列島。
つくづく思うのは、この島国はいつも潜在的な天災の危機を抱え込みながら災害列島の上に、知らない顔で「安全な先進国」の幻想を作ってきたということ。
天災-火山・地震・台風・津波・・・風水害・冷害・流行病・飢饉・・・いつも潜在している危機、怖さ。

それが故に八百萬の神々を祀り、国土安穏・地域安全・家内安全を祈ってきたのだろう。

その実態を忘れ、あるいは傲慢にも無視し、「安全神話」という擬似信仰に血道を上げた結果が福島原発事故だったと思う。

この災害列島の上にそもそも原発は無理。

原発の安全性 “世界最高水準に”・・・という国連での野田妄言を聞いてこの国の人間の学習能力を疑った。

利根川。
なんとなく治水や河川工事の重機とコンクリートの護岸工事で、いつもは飼い慣らされているように見えるが、いつもの安定状況のひとつ自然の条件が少しだけでも変動すれば、その荒ぶる姿を垣間見せる。

災害に強い・・・地震被害が少ないと言われて来た上州。
過去に浅間の大噴火もあったし、現在進行形の原発の人災の影響(上州も放射能被害受けている。他人事ではない)を忘れてはならない。

今日は赤城も姿を見せた。

大きな自然。
そして小さな自然。

畏敬・畏怖という言葉を思い出した。


110922_IGP9765.jpg


鵜さんたち、寄せ来る濁流のなかでなにごとか寄りあい中。


中之条ビエンナーレ#4 沢渡辺り。

110919IMGP9562.jpg


旧五反田学校から沢渡方面へ。

蕎麦畑は美野原付近。


110919DSCN9842.jpg


沢渡温泉。


110919DSCN9833.jpg



・・・・・・


110919DSCN9814.jpg


官舎山。


110919IMGP9577.jpg


沢渡神社で。


110919DSCN9853.jpg


沢渡から暮坂峠に向かう途中の旧大岩第4分校。

分校の手前の地面の穴が作品。

110919IMGP9598.jpg




110919IMGP9575.jpg


・・・・
秋近し。


中之条ビエンナーレ#4 旧五反田学校

110919DSCN9708.jpg


中之条ビエンナーレの会場は、こういう場所がやはり(・∀・)イイ!!。

>中之条町:旧五反田小学校・由来・観光・見所
旧五反田小学校概要: 旧五反田小学校は明治42年(1909)に建てられた木造平屋建て、入母屋、金属板葺きの建物です。平面は山側を廊下にした直線的な配置で桁行き28間、梁間5間、外壁は板張り、屋根の棟飾りは和風で、当時の都市部で見られた洋風の学校建築とは趣が異なります。学校としては昭和44年までに使用されその後は地域の交流施設として利用されています。明治時代後期に山間地域で建てられた学校建築が当時の姿で保存されている貴重なものとして昭和63年に中之条町指定重要文化財に指定されています。
☆五反田小学校(クリック!)

明治42年(1909)に建てられた木造平屋建ての学校建築。いいなぁ、こういうところ。
ボランティアの受付の方、この小学校で大昔学んだとのこと、学校への愛着感じる説明。

・・・・・・・・・・・・・・

明日以降、台風の影響で雨が降りそうなので、今日も中之条詣で。
4回目。
プレオープンの四万の分まで入れると5回目。

青空。ほぼ夏。
着ていたポロシャツに汗の塩が染み出した。


110919DSCN9715.jpg




110919DSCN9722.jpg




110919IMGP9526.jpg




110919IMGP9538.jpg




110919IMGP9548.jpg



110919IMGP9557.jpg




110919DSCN9764.jpg



順路の案内が、学校横の山続きを巡っていて、古いお堂、和利堂を発見。

中之条ビエンナーレに来ないと、こんなお堂を見る機会も無かったろう。



今年もそろそろ曼珠沙華。

110916IMGP9359.jpg


いつも咲いている場所チェック。

今年はちょっと遅めかな。


十六夜・・・赤い月です。

110913十六夜



十六夜・・・赤い月です。

残暑の一日。

名残の夏か。


町内のイベントが終わって、はぁ~~~。くたびれた~~~。萩を見に玉泉寺に。

110912_IGP9297.jpg


町内のイベントが週末にあって、クタぶれました~~~~。

秋のお祭り、といっても祭事はなくて、地域-郷土の歴史講座(お~、マジメ)やって懇親会、夏の残りの花火を持ち寄って子供たち(80歳の昔の子供も嬉々として)花火大会。

朝までちょこちょこ連絡やら後片付けがあって、いささか神経くたびれたので、沼田までランチ食べに・・・。

沼田も暑かったけど、青い空見ていると呼吸が大きくできるような・・・。

ついでに萩の頃だし、玉泉寺さん詣で。

途中、芒と雲の柱、見る。
残暑厳しいけど、秋の気配濃厚。


110912IMGP4659.jpg


月夜野。
いまはみなかみ町。

前に来た時も確か直射日光がきつかったような記憶あり・・・。

今日も陽の光の眩しさにクラクラ。


110912IMGP4677.jpg


今日気がついたのだけど、紋所がユニーク。

機会があったら、曰く因縁、お話を覗ってみたい。

110912IMGP9304.jpg


萩の写真はとりとめなくベタベタ。



110912IMGP9326.jpg




110912IMGP9327.jpg




110912IMGP9328.jpg


今日は中秋の名月。

秋深まる。

昼は蝉の声聴くも、夜になると虫の音すだく。

夏の戻り・・・で、榛名 ゆうすげの道。

110910IMGP4640.jpg


前橋は34度c。ちょっとした短い時間だけど、つかの間 榛名に逃亡。

夏の戻り・・・で、榛名 ゆうすげの道。

伊香保―榛名の道路を車がギアを変えて登るにつれ、気温 着実に下がってくるのを感じる。

ゆうすげの道。

道路に近い方の木道は、頭から照りつける直射日光と木道の照り返しで暑いし、お役所は自分ではメロディーラインと呼ぶ「しずかな湖畔(!)」の雑音が煩いので、日陰の山際の道をぽつぽつ歩く。


110910IMGP9246.jpg


この大きな樹の下が好き。

「しずかな湖畔(!)」の雑音は聞こえてこないし、木陰は涼しいし・・・。


110910IMGP4649.jpg


:::

110910IMGP9265.jpg


家人は、この蜂さんのお尻がキュートだと言ってます。


110910IMGP4657b.jpg


秋の大きな空を榛名富士の方向に一羽で翔ぶ鳥さん。

名前わからず・・・。


中之条ビエンナーレ#3 赤岩集落-湯本家。

110907_IGP9193.jpg


中之条ビエンナーレ#3 赤岩集落-湯本家。

2011、三度目の中之条ビエンナーレ詣で。

暮坂峠から六合村へ。

湯本家、すごい存在感。
200年の土壁の持つ重み、塗り家造り・・・、高野長英の隠れた湯元家。



110907IMGP9201.jpg


長英の間で、こんなヒトと会った。


110907IMGP9197.jpg




110907DSCN0490.jpg


絶妙な仕掛け。

ガラス窓からの光線。登場人物(?)の有り様。

計算し尽くした仕掛け。

>2年ぶり。
お懐かしい~~~。
2年経つと、また微妙に変化。

・・・・と中之条ビエンナーレ2011#2 大道公民館(クリック!)と今回8/28に書いたけれど、湯本家という舞台装置を完璧に活かして、麻央ワールドを作り出している。

脱帽。


110907_IGP9214.jpg




110907IMGP9229.jpg


この猫さんにしばらく遊んでもらった。

110907IMGP9230.jpg


・・・・

湯本家の今回の公開に感動。



今朝の赤城。

110907IMGP9030.jpg


家人、朝日を見に早起き。
エラいな~・・・。
夢寅生は朝弱い・・・(キッパリ!)。

この時期、朝日は赤城のこのあたりから昇る・・・ふ~~む(と 頷く)。



110907_IGP9038.jpg


「朝だ朝だ~~よ、朝日が昇る~~w」

「イビキ・・・・」



久しぶりの晴天。はぁ~~~。台風行った。気がつけば・・・秋!

110906_IGP8970.jpg

台風、やっと抜けて、久しぶりの晴天。

はぁ~~~。

湿度も低くて、ほっ。

当方、町内の秋の祭りのあれこれ打合せやら買い物の準備・・・けっこうジタのバタ。

で、家人 一人でデジ一持って偵察行。

蕎麦畑。渋川市行幸田のそば畑。


蕎麦の芽が芽吹いている。
お彼岸の頃には白い蕎麦の花、見られるかな。


110906_IGP8973.jpg


赤城もお久しぶり、といった感。

すっきり全容が見られたというのは、湿気の多かった夏は難しく、考えてみれば数か月ぶりということか。
いつも熱気と水蒸気で靄がかかっている感じで、山頂から裾野まで全部見えるなんてことはなかった。

秋が来た、ということか。

110906_IGP8980.jpg


榛名、水沢山を蕎麦畑越しに望む。

今年の猛暑を何度榛名に逃れたか、我が家の天然クーラー 榛名に感謝。


110906_IGP8984.jpg


場所を変えて、前橋 定点観測ポイントから夕方の赤城山。
利根川、昨日まで濁流、中洲も殆ど水没状態だったが、水の色ももとに戻り澄みはじめ、水量も下がり、中洲も顔を出してきている。


110906IMGP9007.jpg


赤城の裾野に夕焼け間近の雲。


110906IMGP9009.jpg


月もお久しぶり。

そうか、中秋の名月も近し。

あ、その前に秋の町内イベント!

閑中、忙あり。苦笑。


台風・・・・もうそろそろお引き取り願いたいんですけど~~~~。利根川あたり。

110903IMGP8898.jpg


じっくり台風にいじめられている感じで、もうそろそろいい加減、お引き取り願いたいんですけど~~~~。
上から強い力で頭を押し付けられている日がもう3日も続いていて・・・。

家人、雨の間を縫って散歩(9/3 朝)。

利根川辺り。

利根川増水。

川の水面高し。
中洲も水に沈んでいる。
風強し。


110903IMGP8905.jpg




110903IMGP8900.jpg




110903110903 9:30


遊歩道にも倒木。
ちぎれた木々の葉、遊歩道に貼り付いている。


110903IMGP8911.jpg


鴉さんたち、風に煽られ、ご苦労されている様子。


110903IMGP8914.jpg



・・・・・・・・・



ロクサーヌさま、近影。

110901IMGP8684-1.jpg


夏痩せは・・・・「あたしは無関係~~~!(キリッ!)」

でも秋風が吹くと、
「心 千々。しみるの」。

「あたしの心の破片、このあたりに落ちていないかしら・・・・」



110901IMGP8878.jpg


「エイっ!」
なぜか意味もなく、ゴロリ。

「落ち葉のせいよ」

110901IMGP8882.jpg


「後ろを振り返っても、夏はいないわ~~~~!」