お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

仔羊。

110329IMGP2642.jpg



110329IMGP2625.jpg



110329IMGP2647.jpg


・・・・・



この花たち見ていても、今年の憂鬱な冬はまだ続いている。現在進行形のカタストロフの影は脳裏を去らず、忘れられない。ヒリヒリ。

110329_IGP2583.jpg


せっかく長い冬を経て咲いた花。でも今年の花は見るヒトの心を晴れ晴れとさせてはくれない。

地震、津波。
そして、
福島の原発。人災。
もう2011/03/11以前の日本には戻らないし、戻れない。

末期の眼で、今年の花を見ておかなくてはならないのかもしれない。

110329IMGP1765.jpg




110329IMGP2572.jpg




110329_IGP2593.jpg




110329IMGP2612.jpg




110329IMGP2600.jpg



110329IMGP1760.jpg


追々後出し情報が出てくるだろう。

二年三年と、このことについて様々な事実が付け加えられ、紡がれて行き、2011年3月は様々に語られる。

ただ言えることは、2011年3月は、それ以前の日本-世界とそれ以降の日本-世界を分岐させた地殻変動であり、そして国も含めていままでの日本のあり方、人びとの営みの形の、一挙的な液状化の始まりの月だったと後世に伝えられるであろうということ。

そっと海雲寺。白木蓮チェック。椿も。

110326IMGP1731-1.jpg



白木蓮の開花状況チェック。
まだまだかな。

でも満開がベストというのではなく、蕾の段階-開花の初期-さあいよいよ・・・-満開-散り始め-散ったあと・・・・それぞれを息呑んで見る。


110326IMGP1707-1.jpg


肥後菫。

110326IMGP1728-1.jpg


六地蔵、それぞれに落ち椿が一輪供えてあった。

110326IMGP2508.jpg


椿の巨樹。


110326IMGP2524.jpg


白木蓮熱愛だけど、椿も・・・。で、以下ズラズラ連貼り。

110326IMGP2414.jpg



110326IMGP2405.jpg



息苦しい半月・・・冬に戻ったような非情な天気だが、気がつけば桜。

110326_IGP2557.jpg


110326DSCN0506-1.jpg


やっと僅かながらガソリンが給油できるようになって、市内に。

はなやかな河津桜のポイントには脚向わず、街中の一本だけ駐車場の端に立つ樹を見上げる。

ここ半月の息苦しさ。
ニュース記事をクリックしながら、ため息と無力感。

「安政江戸地震」-野口 武彦-を読み直していた。
安政江戸地震(1855年)もうさぎ年。

安政江戸地震から干支が一回りして、次の年=慶応4年(1868年)=安政江戸地震の死者たちの13回忌は江戸幕府の消滅。

ガソリンを気にしながらお墓参り・・・誰も観る人がいない梅の林で。いぬふぐり。

東北、関東の被災者の方々に、お見舞いを申し上げます。
天災としても地震-津波だけでも大変な被害なのに、そこにまた人災としか言えない原発の大事故が追い打ちをかけ、この国はまさしく自ら変わらざるをえないステージに否が応でも立たされたと思います。

良い方向を、みんなの共有された感覚で見いだせれば良いのですが・・・。

110319IMGP1683.jpg

メジャーな観光梅林ではなく、農家の梅畑が連なる丘陵。
神社の東屋で休憩。
老いた両親に代わり墓参。
ガソリンが手に入りづらいので残量を気にしつつちょっとだけ寄り道。

梅の木の下には、青い絨毯。いぬふぐり群生。

110319IMGP1670.jpg


3/11以降、家にこもり息ひそめてニュースを追っていた1週間。
その間にも、梅の花もいぬふぐりもひっそりと咲いていた。

早く春、来い。

被災地にも一日も早く春の日が来ることを願って。


2011/03/11/13:25 あの激震の1時間21分前・・・・・

110312IMGP1573.jpg


河津桜が咲いていた公園の芝生の山。
コンクリートのベンチが一つ。

あの時の1時間21分前、この時には日々の営みが変わらず続くと思っていた。

天下和順 日月清明 風雨以時 災不起 国豊民安 兵戈無用 崇徳興仁 務修礼譲

   『無量寿経』

なにか語りたいのだが言葉にならず・・・
祈る。

         夢寅 拝

春秒読み。山なみ。

110306_IGP2312.jpg


定点観測ポイントから。

今日の記録まで。



目白さん、可愛い!で連貼り。

110306_IGP2339.jpg



110306_IGP2340.jpg



110306_IGP2329.jpg



110306_IGP2330.jpg



110306_IGP2332.jpg



110306_IGP2337.jpg




要するに目白さん、可愛い~!ということで。


河津桜も咲き始め・・・

110306_IGP2342.jpg


まだほころび始めたというところだけど、今日の暖かさはセーターなしでOK。


真冬みたいなお節句、ぐんま昆虫の森で。 昆虫観察館本館 > 昆虫ふれあい温室 熱帯なんですけど!

110303IMGP1270.jpg


蝶乱舞。

当方、狂喜乱舞。

・・・・・・取り乱して、とめどなく写真貼り付け。


110303IMGP1249.jpg


110303_IGP2169.jpg


110303_IGP2178.jpg


110303_IGP2183.jpg


110303_IGP2187.jpg


110303_IGP2189.jpg


110303IMGP1232.jpg


110303IMGP1293.jpg



真冬に戻ったような園内のフィールドを歩きまわったあと、 昆虫観察館本館 > 昆虫ふれあい温室に。

う~~~ん、ここは熱帯。
メガネもカメラも蒸気でたちまち曇る。
曇りを必死にハンカチで拭うと、目の前に蝶乱舞。

頭には大きなオオゴマダラが親しそうに留まる。

カメラの望遠レンズにも。
筒先のオオゴマダラをおもわず寄り目で見てしまう。

はぁ~~~・・・・。

しばし気分は熱帯。

温室といえば、昔読んだ児童小説に確かベルリンの王立植物園の温室が舞台になったシーンがあって(朧な記憶ですまん・・・く様)、それ以来温室ファン。別世界志向。

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪


真冬から熱帯へ。
蝶たちの歓迎。

すっかり「ぐんま昆虫の森」 にヤラれました~w!

真冬みたいなお節句、ぐんま昆虫の森で。#2 節分草。

110303IMGP2127.jpg


スプリング・エフェメラル。
「春の儚いもの」「春の短い命」。
春の妖精。


110303IMGP2125.jpg


ここに咲き始めた節分草の記事をネットで見つけたのが、今日訪問の機縁。

なにせ広い園内。職員の方に案内いただき、撮影。
大事に移植したものとのこと。

真冬みたいなお節句、ぐんま昆虫の森で。#1 @かやぶき民家

110303IMGP1165.jpg


かやぶき民家の部屋に飾られたお雛様。
そ~だ~、今日はお雛祭り。

110303IMGP2091.jpg


110303IMGP2108.jpg


かやぶき民家の門。
かやぶきの門。


110303IMGP2101.jpg


障子に切貼りの虫。

110303IMGP2102.jpg


昆虫の森だから、ということなのだろうけど、虫の切り貼り、粋!


かやぶき民家の囲炉裏でお茶をいただく。
外の寒さに、囲炉裏の火とお茶がありがたい。