お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

新里 山上城址公園。ほぼ・・・ということにしておこう、春~~w!

110227_IGP2011.jpg

落ち葉、枯れ葉が分厚く溜まる城址。
でも光はどことなく春の気分。

110227IMGP1141.jpg

二の丸・三の丸を区切る空濠。

110227IMGP2022.jpg

蝋梅満開から終わりへ。

110227IMGP2027.jpg

椿も少しづつ咲き始めている。

110227IMGP1095.jpg

椿。相当好き。

110227IMGP1127.jpg

この芝生だけ、というのが良い。

110227110228ツグミ

ツグミさん、餌取り中。

日向ぼっこしてポットに入れたコーヒー、味わう。



榛名 里見の天神山で・・・スノードロップと満作(マンサク)

110226_IGP1993.jpg

スノードロップ

110226_IGP1982.jpg


110226_IGP2001.jpg

満作(マンサク)

110226_IGP1963.jpg


呼び物のクリスマスローズもあったんだけど、大きめの花より、スノードロップの方が印象的なので。

満作(マンサク)、今年初めて見た。

極めて個人の好み優先・・・m(__)m

群馬フラワーハイランドで。

110226IMGP1070.jpg



110226IMGP1065.jpg



110226IMGP1086.jpg



110226IMGP1913.jpg



110226IMGP1941.jpg



110226IMGP1945.jpg



110226_IGP1880.jpg



110226_IGP1960.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

群馬フラワーハイランドで。

1年ぶりの群馬フラワーハイランド。

昨日初夏のような陽気の反動で、冬に逆戻りという予報だったが、無風・日向は暖かい。

木瓜(ボケ)=放春花、咲く。ロクサーヌもしばし放心-春を思う。

110225_IGP1866.jpg


「木瓜の花の簪(かんざし)、どうかしら・・・
ちょっと和風モダンなあたしには~~似合うかも・・・。」
   ロクサーヌ、談。


110225ワンコイン盆栽



110225木瓜


初夏を思わせるような今日の陽気。
ワンコイン盆栽の木瓜、咲く。

木瓜(ボケ)=放春花の異名。

伊勢崎 御嶽山自然の森公園からちょっと散歩。鳥見。

110222_IGP1797.jpg


中洲の鳥さんたち、日向ぼっこ。

110222IMGP1814.jpg


鵟(ノスリ)。

110222IMGP1815.jpg


鵟(ノスリ)。


110222IMGP0997.jpg


猫さんも、いないいないば~・・・・というか、日向ぼっこ、ひょっとすると隠れているつもり?
でも愛想良く、写真もモデルをつとめてくれた。


伊勢崎 御嶽山自然の森公園からちょっと散歩。

110222IMGP0971.jpg

平坦なこのあたりだが、御嶽山・・・ちょっとした小山が変化を与えてくれてうれしい。

110222IMGP0974.jpg



110222IMGP0972.jpg



110222IMGP1809.jpg



110222IMGP0975.jpg



広瀬川と粕川の合流点。
鳥も多いし、釣り人がいたから魚もいるのだろう。
昆虫の保護を訴える子供たちのボードもあり、ホタルの養殖も。

まだ施設も新しく、管理も行き届いている。

ぽつぽつと川に沿って歩く。温かくて、マウンテンパーカーの前を開いて歩く。
橋を渡ってしまい、向こう岸を大回りにぐるりと次の橋を経て戻る。

梅もそろそろ。

110221_IGP1738.jpg



110221_IGP1740.jpg



110221IMGP1744.jpg



110221IMGP1726.jpg



110221IMGP1752.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目白さん、梅の花を啄む。


水も温む・・・・

110221IMGP0930.jpg

テトラポッドも長年水にさらされるといい風合い、出てくる。
雀さんたち、ミーティング中。
ひょっとすると雀さんの学校。

110221IMGP1709.jpg

:::

脚が長い。

110221IMGP1716.jpg


無風。
白い大きなモノ、無音で移動。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



可愛いから連続UP・・・目白(メジロ)さん。

110219IMGP0897.jpg


110219IMGP1661.jpg


110219IMGP1675.jpg


110219メジロ


今回、かわいいといえば、メジロ。
観察小屋で家人興奮。

贔屓の引き倒しで、目白さん連続up。


高崎観音山 野鳥の森に、鳥見初心者 初見参。

110219野鳥の森

野鳥の森。
観察小屋辺の山道。

110219ヤマガラ

ヤマガラ

110219エナガ

エナガ

110219シジュウカラ

シジュウカラ

鳥見ビギナーなんですけど~~、はずかしながら高崎観音山 野鳥の森に、鳥見初見参。

大昔から存在は知っていた野鳥の森。
でも訪れたのは初めて。

バードハウスで給餌中の小鳥たちをちょっと見。
それから野鳥の森に入る。

鉄塔コースから観察小屋に廻る。

満月~~~。

110218満月


:::

雨水 初候
  2月19日 土脉潤起 つちのしょううるおいおこる 雨が降って土が湿り気を含む


利根河原のお散歩・・・鳥見やらなにやら。風強かったけど、青空。

110218IMGP0816.jpg



110218IMGP1572.jpg


110218IMGP1577.jpg



110218IMGP0839.jpg



110218IMGP1589.jpg



110218IMGP1593.jpg



110218IMGP1603s[1]



朝方までの雨、上がる。
風は冷たいが、青空。
利根河原をお散歩。

赤城・榛名・・・上部に雪。

柄長(エナガ)・鵜(ウ)・椋鳥(ムクドリ)。
雉(キジ)を枯れた草むらで見たものの、しっかりピントがあう前に草陰に。
派手な羽なのに、草むらに入ると見つけにくいのは、さすが。

鳥たちは可愛いが、最後の写真の、地響きするほど煩く禍々しい金属製の鳥は迷惑だし、反感を誘う。
ここ数日、前橋-高崎周辺を我が物顔で大爆音。


110218IMGP0834.jpg


「う~~~ん、確かにヤツら うるさい!」
  風格ある犬さんと会う。挨拶交わす。
  散歩中の犬さん、「ワタシも一言言いたい!」 談。

残雪の朝、涅槃会でお近くの町内の涅槃図を見に行く。

110215DSCN0385.jpg


20110215_001.jpg


20110215_000.jpg


20110215_002.jpg


20110215_003.jpg


涅槃図。他の町内の公民館で、この日公開。
大きい。
お寺ではなく、地区で保存。
2m以上の大きさ。江戸中期頃?
作者の署名見当たらず。


今では地区の老人会主催で、涅槃会を催している。
涅槃図を保管し続けてきたとのこと。
雪花菜とキンピラをいただきながら、涅槃図の絵解きを聴く。


涅槃図のオーソドックスな形式だが、細部の描き込み方・絵の具の色、相当ランクが上の描き手じゃないかな、と素人目にも窺える。

説明、解説、分かりやすく、かつ学術的にも高レベルな内容に感銘。
古い町の底力を感じた。

兄い猫・妹猫近況。

110214IMGP0810.jpg

先日激ヤセ、胃の調子悪くて心配させた兄い猫。

獣医の先生に注射一発され、帰宅したのだが、夜から猛烈な食欲。
プチ缶を二個ペロリ。ハムも二枚では満足せず、さらに要求。
無口な兄い猫がおねだりの声。

「わしは しばらく絶食したからの~、その分喰わんと!」

   舌なめずりして 兄い猫 談


あの一発の注射、どういう薬だったのだろう・・・・・?

「効き過ぎる!」


110214IMGP0806.jpg


「お兄たん、胃の底が抜けたの?」

下仁田 諏訪神社で彫刻をしっかり見る。

110213IMGP0784.jpg


これが一番気になる、蝦蟇さんとお話ししている仙人。
なに話しているんだろう。

110213IMGP0774.jpg


口から息。息の上に走るヒト。
出典がこちらにはわからないので、う~~~む。

110213IMGP0778.jpg


鯉の上に乗る。

110213IMGP0786.jpg


本読みながら、鶴に乗って天翔ける神仙。

110213IMGP0793.jpg


取って付けちゃう説明板写真。


虻田から下仁田へ。

110213IMGP0797.jpg


110213002.jpg


110213001.jpg


110213IMGP0803.jpg


110213_IGP1556.jpg


ラーメン・餃子の東陽軒は、今日はお休みらしい。

きよしや食堂でラーメン定食(カツ丼にラーメン)、レギュラーのカツ丼。
う~~~~~~~~、満腹過ぎる ^^;

街歩き。
あっちこっち。

下仁田、相当好きです。はい!



下仁田町中小坂 虻田福寿草の里@2011。昨日の雪残る虻田。

110213_IGP1529.jpg


110213IMGP1469.jpg


110213IMGP1500-1.jpg


110213IMGP1513.jpg


110213IMGP1517-1.jpg


110213山女?


今朝は天気回復。
晴れ~~。

で、恒例の、4年通っている・・・下仁田町中小坂 「虻田福寿草の里」(クリック!)まで。

昨日の雪がまだ残っている。

雪の眩しい白と福寿草の黄色の対比。
春~~!

紅梅もちょっと。

2度も順路を巡って、出口で地元の方とお茶をいただきながらちょっとおしゃべり。

雪見の群馬の森。

110211DSCN0379.jpg


110211DSCN0349.jpg


110211IMGP1329.jpg


110211IMGP1336.jpg


110211IMGP1343.jpg



企画展 岡本健彦 横須賀、ニューヨーク、高崎
     人間国宝 志村ふくみの染織

雪の日、滝の慈眼寺・・・

110211DSCN0330.jpg


110211DSCN0322.jpg


110211_IGP1309.jpg


110211_IGP1306.jpg



110211_IGP1319.jpg


110211IMGP1293.jpg


110211DSCN0341.jpg



雪なんですけど、とりあえず「伊達と酔狂」の雪見。


雪の日は・・・睡眠~~~。

110209_IGP1283.jpg


このところ人生(猫生か)悩み多い兄い猫、心労のためかすっかり胃の調子悪し。

はぁ~~~・・・・。


夕方には獣医さんに連れて行かれ、注射・・・。

「参った~~ぁ。

 ロクサーヌ、太った分、わしは身が細ったわぁ~~。」
  

    体重 大分落ちた兄い猫、ため息混じりに 談。


春の雪。

110209_IGP1271.jpg



110209_IGP1269.jpg


朝のうち、雪降りしきる。

雪なんて、年に数回しか縁のない当地。
いささか慌てたものの、すぐ止んで時折晴れ間も覗く。

昼には雪も溶けて、人々「良いお湿りでした」の挨拶交わす。


「春の祭典」、あたしが主役の・・・・。

110207_IGP1253.jpg


ロクサーヌ、春の祭典の主役をイメージトレーニング。

遠くを見る。


なんたってロクサーヌさま、「あたしがぁ主役~!」。雪割草を検閲。

110207_IGP1244.jpg


なんたってロクサーヌさま、
「あたしがぁ主役~!」。

「でも雪割草の控えめなところは好感もてるわ。」


雪割草、咲く。

110207_IGP1241.jpg


立春を過ぎて、不安定な天気。
直線的に春になだれ込んでくれるということはなく、やはりそこは物事は思うようには進まない・・。

群馬弁で言えば、「容易(ヨイ)じゃないやぃね~」。

今週は寒い週になりそう。

そんな中、先日買ってきた雪割草、咲く。

午後は合流して嶺公園。鳥さんお昼寝中?

110205IMGP0690.jpg


110205IMGP0685.jpg

ご贔屓の金黒羽白(キンクロハジロ)

110205110205IMGP0686.jpg

ご贔屓の金黒羽白(キンクロハジロ)、「えい!潜水競争!」


110205IMGP0663.jpg

黒猫さん登場。
「ボクは水は嫌いです・・・」


午後からちょっと風が出てきて・・・。
鳥さんたちも(水鳥は別だけど)お昼寝モードに入ったのか、姿見せず。

利根河原散歩・・・鳥見散歩#3。

110205モズ ♀

モズ ♀"

110205モズ

モズ

110205IMGP1124.jpg

シジュウカラ

110205IMGP1129.jpg

青鵐(アオジ)



利根河原散歩・・・鳥見散歩#2。

110205カシラダカ

カシラダカ

110205シジュウカラ

シジュウカラ

110205ジョウビタキ 

ジョウビタキ

110205ノスリ

ノスリ


利根河原散歩・・・鳥見散歩。

110205アオジ

青鵐(アオジ)

110205マガモ

真鴨(マガモ)の群れ。

110205IMGP1137.jpg

雀(スズメ)


利根河原散歩・・・

110205IMGP1146.jpg

夢寅はオジサン仲間とからっ風凧あげ大会に・・・。
で、家人は利根河原散歩。

こんな風景に会ったり・・・。


上州空っ風凧揚げ大会in前橋を覗く・・・

110205DSCN0297.jpg

二十五畳半の大凧。

110205DSCN0269.jpg

吹流しがっっこ良かったので・・・後ろに600個の連凧。

110205DSCN0258.jpg

数百メートルの凧綱。


午前中は家人と別行動。

当方、仲間内と上州空っ風凧揚げ大会in前橋を覗く。

大凧も風が弱い悪条件だったが、ゆっくり力強く揚がった。

次のページ