お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

群馬の森でしばし 放心~~。

110129IMGP0922.jpg


110129IMGP0928.jpg


110129モズ(メス)?


110129ツグミ


群馬の森で、ポットの紅茶にチョコレート。

相当充実。満足。

吾唯足知。
・・・なんてあっさり自足できちゃうのか、その点ごくごくシンプルな自分。
でも田鳧さんに会えて気分良くなって、はたまた群馬の森の大きな樹も見たし、ポットの紅茶も冷えていなかったし、豊かな気分で帰宅。



田鳧さんに会えて気分良くなって、井野川-群馬の森方面に移動。

110129IMGP0926.jpg


110129IMGP0885.jpg


天気、曇がち。
お天気力がもろに影響、曇り空になるとテンション下がる低血圧気味の小生だが、田鳧さんに会えたので機嫌良くなっちゃって・・・。

田鳧(タゲリ)に会いにゆく。#2

110129IMGP0837.jpg


110129IMGP0832.jpg


110129IMGP0824.jpg


掘り返している畑に田鳧さん。
大分長い時間見ていた。
警戒心が強いとのことだったが、10m位の距離でも逃げず。
鶫さんとなかよく餌探ししていたりして。

多分一回くらいでは見られないんじゃないかと、数回通うことを覚悟していたが、初回に遭遇。


田鳧(タゲリ)に会いにゆく。

110129IMGP0796.jpg


110129IMGP0793.jpg


110129_IGP0765.jpg


110129IMGP0517.jpg


110129IMGP0541.jpg


相当感激!
相当興奮!

田鳧(タゲリ)さんに遭遇!

いちじん兄に感謝です。

>夏季にユーラアシア大陸で繁殖し、冬季はアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部等で越冬する。日本には冬季に越冬のため本州に飛来する(冬鳥)が、中部地方や関東地方北部で繁殖した記録もある。

>形態 全長31.5cm。背面は光沢のある暗緑色、腹面は白い羽毛で覆われる。
頭部には黒い冠羽が発達する。頸部には黒い首輪状の斑紋が入る。
by wiki

なかなかそう簡単に遭遇できるものではないだろうな、と確率50%位の気持ちで出かけたものの、初日にビンゴ!

いました~~。

頭に冠。まごうことなく田鳧さん。

ちょっと散歩。今日の赤城山。

110127DSCN0166.jpg


なんたって前橋人、今日の赤城、気になる。

大寒の赤城。

ちょっと散歩。神社と雲見。

110127DSCN0168.jpg


:::


ちょっと散歩。猫たちも日向ぼっこ。

110127DSCN0144.jpg


:::

110127DSCN0147.jpg


:::


ちょっと散歩。田んぼに鳥さんたち。鶫(ツグミ)と鳩。

110128ツグミ

:::

110127DSCN0143.jpg

:::

ちょっと散歩。2月にお祭りがあるお稲荷さん。

110127DSCN0120.jpg

いつもまったく静かなお稲荷さん。
年に1回この前でお祭りあり。

小さな古墳の上に鎮座。

まだ半月も先だから、これといった準備の様子はなく、穏やかな冬の陽射し。



ちょっと散歩。寒念仏の供養塔見た。大寒!

110127DSCN0106.jpg

風がないので、穏やかな冬の日。
思いついて散歩。

お寺の山門の前に、庚申様と寒念仏供養塔。

寒念仏。
>僧が寒の30日間、明け方に山野に出て声高く念仏を唱えること。のちには俗人も寒夜、鉦(かね)を打ちたたいて念仏を唱え、家々の門前で報謝を請い歩いた。かんねんぶつ。《季 冬》

by kotobank。

寒の入り(1/5頃)から立春(2/4頃)にかけての30日間・・・寒風の中、鉦を叩いて修行か。


大寒 次候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる) 沢に氷が厚く張りつめる

帰りに板鼻用水堰の夕景。

110122IMGP0445.jpg


帰り道、板鼻で車を止めて、先日来気になっている板鼻用水堰を夕方の光で見る。


110122IMGP0440.jpg



ふるさと学習館 開館10周年記念企画展
「西上州の中世-安中市の中世文書-」
で、板鼻宿と伊勢三郎義盛の話を知る。

>伊勢 義盛(いせ よしもり、生年不詳 - 文治2年7月25日(1186年8月11日))は、平安時代末期の武士で源義経の郎党。
>『平治物語』では上野国で義経が宿泊した宿の息子。『源平盛衰記』では伊勢国出身で伯母婿を殺害して投獄され、赦免されて上野国で義経と出会い「一の郎党」となったという。by wiki

伝説の正否はともかく、板鼻宿が平安末期にすでに栄えていたという傍証にはなると思う。

安中市学習の森から長学寺、崇台山のハイキング。360度の展望。

110122IMGP0383.jpg


前にも来たことがあったが、360度の展望、やはり感激。
浅間、大きく見える。
陽だまりは温かいが、山頂・尾根筋は風が冷たい。
パーカーの防風をがっちり固め、風の中展望をそこそこ楽しんだ後、日の当る場所を探して食事。

110122IMGP0387.jpg


:::

110122IMGP0390.jpg


:::

110122IMGP0392.jpg


赤城。

110122IMGP0400.jpg


この前車で(笑)登った牛伏山。双眼鏡で覗くと、展望台を兼ねた模造天守閣が小さいけれど見える。

ポット二つから紅茶とコーヒーを飲んで、はぁ~~~。


里山、山村風景を堪能、安中市 学習の森 ふるさと学習館へ。

ふるさと学習館 開館10周年記念企画展
「西上州の中世-安中市の中世文書-」
10月22日~平成23年1月30日
見学。
(この企画展の記事を見て、宿題の周回コースを思いついた次第。)

安中市学習の森から長学寺、崇台山のハイキング。

110122IMGP0374.jpg

長学寺。
定点観測ポイント。
すぐ後ろが安中市学習の森、そして崇台山。
大昔から周回コースを歩こうと思っていたが、なかなか機会ないまま・・・。
今回、ふと思い出してポツリポツリとお散歩気分で一回り。

安中市学習の森からほんの15~20分で長学寺。

110122IMGP0345.jpg


:::
風は微風。日向は温かい。

110122IMGP0342.jpg


一度、新しい方の幅広石段を降りて、古い直登石段を山門に上り返す。



なにはともあれロクサーヌ様、締めに登場。

11023IMGP0619.jpg


それはそれとして ハッキリしています。主役はあたし~ィ!
トリはアタシ~~ィ!

   ロクサーヌ様 談

ご近所でも鳥見写真も少々・・・柄長(エナガ)さんに雀(スズメ)さん。

11023エナガ




11023IMGP0609.jpg


:::



鳥見写真も少々・・・藤岡あたりで。

11023IMGP0725.jpg

庚申山公園・・・。

氷が池の半分に張っている。
鴨さんたち、氷の上でミーティング中。

11023マガモ


11023カルガモ


ポットから熱いコーヒー注いで、冬の日の午後 しばし佇む。


鳥見写真も少々・・・藤岡あたりで撮ったけど、沼猫写真は忘れず。

11023沼ねこ



11023沼ねこ2


:::

本籍は猫写真でして・・・。

藤岡あたりで、梅と鳥見。

11023紅梅


::::


鳥見写真も少々・・・藤岡あたりで

11023IMGP0680.jpg

藤岡、竹沼。

いつもボート小屋あたりの陸にいっぱい屯している鴨さんたち、今日は水面の真ん中あたりで遊んでくれない。
歓迎委員会は開かれず。

ちょっと寂しい鳥見。


【“鳥見写真も少々・・・藤岡あたりで”の続きを読む】

ついでに一昨日の十三夜の月もup。

11020IMGP0560.jpg



11020IMGP0561.jpg


:::


大寒の月・・・。あまりお月様 見つめちゃうと~狼男になっちゃうかも。

11020DSCN0098.jpg



11020DSCN0091.jpg


11020_IGP0571.jpg


そ~らだんだん狼男に~~~、変身~~!


大寒の月・・・。

11020_IGP0564.jpg


11020DSCN0089.jpg


寒くて~~~、手が震えちゃって・・・。

大寒の月・・・。


桃ノ木川鳥見散歩、続き。石関橋から観音橋。尉鶲(ジョウビタキ)のメス

110118ジョウビタキ(メス)


今日の女王。


桃ノ木川鳥見散歩、続き。石関橋から観音橋。赤城と鳶。

110118赤城とトビ


300mmの望遠で引っ張る。

本格的な鳥見屋さんたちの装備ではないので、あくまで お散歩趣味者の鳥見。
雲見と、気持ちの上では同格。

七十二候でいうところの小寒。
雉始*(句に推のつくり) きじはじめてなく 雄の雉が鳴き始める 。

大寒直近。

桃ノ木川鳥見散歩、続き。石関橋から観音橋。

110118ツグミ


鶫(ツグミ)

110118ダイサギ


大鷺(ダイサギ)

110118ヒドリガモ


緋鳥鴨(ヒドリガモ)



桃ノ木川鳥見散歩、続き。石関橋から観音橋。お気に入りの金黒羽白と軽鴨。

110118キンクロハジロ


金黒羽白さん。

110118かるがも


軽鴨さん。

桃ノ木川鳥見散歩、続き。石関橋から観音橋。ヨリドリミドリ。

110118オオバン と コガモ


大鷭(オオバン) と 小鴨(コガモ)

110118IMGP0312.jpg


鴨々・・・。ぱたぱた。金黒羽白さんたちも。

110118マガモ


真鴨(マガモ)くぃ~、と。



桃ノ木川鳥見散歩、続き。石関橋から観音橋。鵟(ノスリ)、)と鵯(ヒヨドリ)

110118トビ

鵟(ノスリ)、思索的な横顔。(鳶だと思ってたんですが、鵟だとは。前から見たいと思ってました。感激!ご指摘感謝!)

110118ひよどり

ヒーヨヒーヨはお食事中。

桃ノ木川鳥見散歩、続き。石関橋から観音橋。

110118IMGP0333.jpg

風は昨日ほど強くない。
寒いのは寒いけど。

lekiのポールを引きずって、ぽつぽつ歩く。

赤城も上の方は雪化粧。

午後から吉井町 馬庭念流の鏡開きに。

110116_IGP0373.jpg


馬庭念流鏡開きは二度目の訪問。

馬庭念流(クリック!)by wiki

【“午後から吉井町 馬庭念流の鏡開きに。”の続きを読む】
次のページ