お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

神流町百日紅(サルスベリ)園#3。百日紅濃ピンク。



もう色とりどりの百日紅。

これからが楽しみな百日紅の里。

幾世代にわたって、地元の方々の愛情を注がれて、百日紅の名園になることを祈念。

尚、情報をUPしてくださった「ちさ様」・「やっくん様」、いつも楽しみにしております。今後ともよろしく!


神流町百日紅(サルスベリ)園#2。淡雪のような・・・



淡雪のようなの百日紅。

>約2,000本が1ヘクタールの面積に赤やピンク、白、紫の花で咲き誇るようになりました。 

山一つまるまる百日紅です。
労力、大変だったと思います。

地元の方が「よく来てくれたね~!」と歓迎してくれました。

神流町百日紅(サルスベリ)園#1。



またまた「ちさ様」のHPで神流町百日紅(サルスベリ)園(クリック!)をチェック、行ってきました。

神流町商工会HPから引用。
>神流町塩沢の「紅会(会長:黒沢保)」が管理しているサルスベリが見事な花を付け、見頃を迎えています。
 高齢化等により手を入れられなくなった遊休農地を「何とかしなければ」の想いから、地域住民の有志が1999年から植栽を行い、今では約2,000本が1ヘクタールの面積に赤やピンク、白、紫の花で咲き誇るようになりました。 
 9月中旬まで花を楽しめます。

場所は、しだれ桜で有名な龍松寺のすぐ上、神流町商工会HPを参考に。


夏のはての休日、佐久 長野牧場#4。



「76番さ~ん!」

「は~いぃ~!!」
「わし!わし!わし だがね~~!」

76番起立!

夏のはての休日、佐久 長野牧場#3。子山羊。



3匹の子山羊です~。

なにかうちのロクサーヌ嬢の毛並みを思い出したりして・・・。

夏のはての休日、佐久 長野牧場#2。蕎麦畑。



蕎麦畑。

夏のはて、秋への境界線、感じたり・・・。

夏のはての休日、佐久 長野牧場#1。



なにしに行ったというわけではなく、夏のはてだし、しばらく佐久に行ってないし、とんかつ「山」もひさしぶりだし・・・
で、佐久市中込まで。

ついでに長野牧場に。
近代美術館は駐車場に車置けなかったし・・・

ええ、もう一度いいますが、鉄ちゃんではないのですが・・・D51。#2



たまたま鉄系カメラマンが待機しているのを見つけ、ご近所だし・・・ついつい出来心です。はい。

関川夏央「豪雨の予兆」-「操車場から響く音」なんかをわがことのように読んだせいではありません・・・ハイ。

ええ、もう一度いいますが、鉄ちゃんではないのですが・・・D51。#1



ええ、もう一度いいますが、鉄ちゃんではないのですが・・・たまたまD51見ちゃったので、UP。

やはり絵になるフォルム。

60,000hitsありがとうございました。



60,000hitsありがとうございました。

「四股と鉄砲は相撲の基本。」
「ブログも足腰、腕だわ~!」
「え~い、どすこい・どすこい・・・・・」


ますますの精進を誓い、杉の木相手にテッポウに励むロクサーヌ姫 談。

「烏瓜」(カラスウリ)#3。今夜も満開!



1昨夜、採取してきた「烏瓜」(カラスウリ)、今夜も満開!
マクロで接写。

レースと花弁がつながっていて、う~ん 不思議な形。

「烏瓜」(カラスウリ)の連続UPをやっていると、夏休みの観察日記を宿題でやっているような気分・・・。

今日は曇り空。涼しくて寒いくらい。長袖を引っ張り出した。

明日は35度に戻るような天気予報だが、夏も峠を越えたような・・・。

「烏瓜」(カラスウリ)#2。



ちょっとUP。

晩秋の雑木の中にふと赤い実を(クリック)見つけるのも風情があるが、盛夏にこのような花が咲くのは見たことなかった。

「烏瓜」(カラスウリ)。



夜、懐中電灯を持って花を再確認。

一蔓、採取。ガラスの花生けに挿す。
蔓の先を水に浸けておいたら、変わらず夜になると花が咲いた。

Q:これはなんでしょ?



A:「烏瓜」(カラスウリ)。

8/11の花火大会の日、河原に降りるとき発見!
調べてみたら「烏瓜」(カラスウリ)。

なるほど昼間見ても分からないはず・・・。

>カラスウリ ウリ科の植物で、つる性の多年草。朱色の果実と、夜間だけ開くレース状の白い花で知られる。

from 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://72.14.253.104/search?q=cache:eIKdln8aZRsJ:ja.wikipedia.org/wiki/%25E3
%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25AA+%E7%8
3%8F%E7%93%9C&hl=ja&ie=UTF-8

積乱雲ドアップ!




とはいうものの、期待していた雷雨はなし・・・。
はぁ~・・・。
エアコン全開で夜を待つ。

赤城と積乱雲を見る。



今日の前橋は38.8度だったとのこと・・・。
(館林は~、なんと~、40.2度~!)

榛名に避難して大正解。ホッ。
それにしても入道雲の高いこと。
赤城が低く見える。

夕方、榛名「ゆうすげの道 」を散策。女郎花(おみなえし)。



夕方、榛名「ゆうすげの道 」を散策。夕菅(ゆうすげ)。



「ゆうすげの道 」ですから、とりあえず夕菅(ゆうすげ)。

夕方、榛名「ゆうすげの道 」を散策。吾亦紅(われもこう)。



「ゆうすげの道 」は周遊30分ほどの遊歩道。
湿原に木道。
定点観測ポイント。

吾亦紅(われもこう)、鮮やか。

夕方、榛名「ゆうすげの道 」を散策。榛名富士と今日の酷暑の主。



森林公園で陽が陰るまでくつろぎ、夕方、榛名「ゆうすげの道 」を散策。
ゆうすげは夕方から夜に花を開く、とのこと。
その時間まで森林公園で待機。

榛名富士と太陽。

榛名森林公園でお昼寝~。犬、挨拶に。



なんたって暑い。

今日の前橋は酷暑間違いなしの予報。

所用あわてて済ませ、午後は榛名に避難。
榛名森林公園の木陰は涼しい。
チェアとコーヒーの道具と本を持って、緑陰でくつろぐ。

うとうとしていたら、同じくお昼寝派の犬が挨拶に来た。

「お暑うございます!」
 ・・・犬 談。

高度高い道を宇都宮まで・・#7。湯滝。



金精峠から日光へ。

湯滝を滝の上から見たが、下から見たいという同行者のリクエスト。
観瀑台-かんばくだいから見上げる。

これから暑い下界に戻る・・・いやはや。

高度高い道を宇都宮まで・・#6。丸沼。



犬連れ、多し。

ついつい犬に眼が行ってしまう。

猫好き、でも犬も大好き。

高度高い道を宇都宮まで・・#5。丸沼。



湖畔で水遊びする家族もいて、う~ん真夏の休日。

高度高い道を宇都宮まで・・#4。丸沼。



赤城を乗り越し、片品越えて、丸沼まで。

ここ初めて。
丸沼の湖畔の林は昼寝に最高。
木陰にシートを引いて、涼しい風にお昼寝楽しむ人と犬、多し。

高度高い道を宇都宮まで・・#3。赤城神社にて。



赤城の大沼に浮かぶ赤城神社。

龍頭から流れる水、涼しい~。

高度高い道を宇都宮まで・・#2。赤城神社。



赤城山は比較的よく来るものの、観光客が集まっているポイントはついついパス気味。

でも今日はこっち方面初めての同行者に敬意を表し、赤城神社参拝。

高度高い道を宇都宮まで・・。赤城山 覚満淵遠景。



宇都宮に用事。

どうせ行くのならこの暑さ。
思いきり涼しい山間の道で・・・ということで赤城山縦断→金精峠→日光で宇都宮行き~~。

一路、旧有料道路を赤城山頂まで走る。
鳥居峠の旧赤城山鋼索鉄道山頂駅付近から覚満淵を見る。

涼しい~~。

2007前橋花火大会#5。



由緒正しい正統派。

音が心地よく腹に響く。

例年、花火大会の終わり=夏の終わりという印象なんだけど、梅雨明けが遅かった今年はまだまだ夏は終わらない・・・。

「私の夏は~明日も続く~」

猛暑7連発は行きそう。

2007前橋花火大会#4。




次のページ