お散歩趣味

お散歩趣味 群馬 前橋 写真 歴史 面白いもの 神社仏閣 おいしいもの 猫 花 石仏 祭り 歳時記・・・基本的に写真はクリックすると拡大します。

姫踊子草(ヒメオドリコソウ)の群落 安中 咲前(さきさき)神社の裏



珍しくもないのですが、姫踊子草(ヒメオドリコソウ)を見ると、家人 条件反射-脊髄反応的にテンションUP。

桜も咲き始めてました。安中 咲前(さきさき)神社



まだ落日に残時間・・・安中 咲前(さきさき)神社の境内に1分咲きの桜を発見。

桜の種類、早咲きのものか・・・。

安中 磯部 海雲寺の白木蓮#2



やれやれ、今年も無事定点観測が出来た・・・今年の白木蓮も見事。
(なにか年寄りじみた感慨・・・笑・・・覚えたりして)

所用も終わり、日が落ちるのと競争で安中 磯部 海雲寺の白木蓮再訪#1



昼を挟んだ所用も終わり、15:00過ぎに車を走らせて安中 磯部 海雲寺の白木蓮再訪。
夕日の斜光線のなかの白木蓮。
先日(参照)の2分咲きから一気に満開。

花が重たく、夕方の光の中香りも沈殿。

ご近所散歩 庚申像の石屋根部分拡大



石屋根のトップ部分は、舌を出した動物の頭。
何かで見たマヤ文明だったと思うのだが、ピューマ(?)の石像を思い浮かべる。
記憶曖昧。

その下の人面は、こんな顔をした天使がヨーロッパのマリア像にあったような気が・・・・。

このところ記憶力減退気味・・・(トホホ)

なにか造形的に不思議な感じがして、思わずUP。

ご近所散歩 庚申塚 



農道がそのまま舗装されたような曲がりくねった生活道。
空の青、仏の座の紫、菜の花の黄色・・・少々春に浮かれて野道を行けば、庚申塚発見。

元禄7年の文字のある庚申像。
彫りもくっきり。
ちょっと面白いもの発見!庚申像の天蓋部分-石屋根部分に注意!!

ご近所散歩 菜の花畑



郊外型大規模店が並ぶ賑やかなバイパスの一本後ろに、旧街道。

旧街道を挟んで、昔からの宿場の空気が残る大きな農家が続く。

ちょっと奥に入るとこんな菜の花畑。

一気に春が来たようで、いちめん菜の花。

上州のラベンダー畑(?)→仏の座(ホトケノザ)の畑



紫が美しくて、ついつい富良野のラベンダー畑・・・などと連想してしまうのですが、実は仏の座(ホトケノザ)の畑。

畑というのも変、休耕田に仏の座を蒔いたのか、そのまま育ってしまったのか・・・とにもかくにもこの紫色は鮮やか。

日中お昼を挟んで所用外せず、とはいえこの晴れの日が惜しいので早くからご近所散歩の#2(昨日に続く)。


春のご近所散歩 いぬふぐりの群落



春のご近所散歩 木蓮



満を持して開花待ち。

古い街道町の裏通り。
大きな家の庭の木蓮を塀越しに。

春~!。

春のご近所散歩 梅満開#2



ピンクのつぼみがきれい。

春のご近所散歩 ぺんぺん草 仏の座 どアップ




ぺんぺん草 仏の座の花・・・。

う~ん・・・うららかな春の陽光。

春のご近所散歩 梅満開#1



相棒が午後から仕事で、あわただしい中、せめてご近所散歩にでも・・・と出かける。
歩いて散歩。

梅の花は満開。

桜の芽は赤くなってきているが、もうちょっと待ちの様子。

安中 磯部 海雲寺 片栗(カタクリ)



庭には草花も丹精されていて、カタクリも・・・。

また今週日曜日は再訪・・・かな?

今年は梅も桜も木蓮、はたまた片栗も一斉に咲くことになるのかも・・・。
花恋、花狂い、花酔い、花追い・・・いやはや。

安中 磯部 海雲寺の菫(スミレ)#2



白いスミレもしっかり咲いていました。

安中 磯部 海雲寺 菫(スミレ)#1



菫も忘れず咲き始めていました。

安中 磯部 海雲寺の招福殿



招き猫をお祭りしているお堂。
お堂の手前、左の招き猫(参照)は昨年UP。

安中 磯部 海雲寺の白木蓮#2



この樹の樹容(こんな言葉は、あるかどうか、わからないが)が見事。


下から仰ぐと、地から大きな生命が、自然に湧出してきているよう。

安中 磯部 海雲寺の白木蓮 二分咲き



安中磯部 海雲寺の白木蓮はいつもの定点観測ポイント。
この時期、白木蓮が気になって気になって・・・。

今年は白木蓮はまだ早いだろうな、と思いつつ、来訪。
やはりまだ二分咲きくらい。
去年(参照)は4月2日に行っている。
ちょっと早めでもそれはそれでよし、早ければまた再訪すればいいわけで、地元の強み!
絶好のタイミングというのは、回数多く訪れないと出会えないもの。

つぼみもやっと厚い冬のコートを脱いで、咲き始めたところ。

椿 



椿が見事に咲いている方の家からお招き受けて参上。
椿、見事としか言いよう無し。

帰りに椿各種、小桜、車に乗せられないほどお土産に頂く。
花瓶・ガラスの器・一輪差しまで総動員して、いま家中 豪奢な花の競演。
写真は椿の「秘密の花園」にて。

甘楽町の梅 春爛漫#4 福寿草まで参加。



丘陵の上には、東屋もあり、公園かと思ったが、梅の木の下で手入れをしている人にうかがったところ、農地でそれぞれの農家の人が自分たちで手入れしているとのこと。

ふ~む、花は一時だけど、そのために常日ごろ丹精している方たちのご苦労に感謝。

福寿草も植えられていて、黄色のパラボラアンテナも春爛漫に色を添える。

甘楽町の梅 春爛漫#3



甘楽町の梅 春爛漫#2



甘楽町の梅 春爛漫 梅3色競う。



白・紅・ピンク。

梅~~。



ピンク!

春が来たようで・・・白梅(甘楽町)



笹森稲荷から陽気に浮かれて、ちょっと町役場方面に車を走らせていると、低い丘陵に各種の梅が植えられているのを発見。
白梅、紅色・ピンク。

いやはや、やっと春が来たかな。

狛犬~~w・・・!



ちょうど山車を見ていたら、鳥居のすぐ前にこんなかわいい狛犬(天蚕万花・陶功苑のページへ)発見。
狛犬ウォッチ中、店の中から声かけられて、展示会を覗く。
このお祭りの最中だけ、鳥居の前にある瓦工場の事務所で、地元の焼き物を焼いているヒトや家具を作っているヒトたち集まって、展示会を開催してるとのこと。

焼き物・絵・木工家具も面白かったが、この狛犬の表情がとりわけ印象的。
見せていただいて、有難うございました。

並びの瓦工場のアトリエも楽しく見せていただきました。
webからお礼まで。

笹森稲荷 例大祭06/03/11



笹森稲荷 例大祭(06/03/11~3/12)の初日=03/11に行く。
神幸祭(稚児行列・山車巡行)ということで、太々神楽・古墳公開・植木市は次の日。
この日は地元の町を神輿や山車が巡行。
子供たちが中心。
精一杯飾りつけた山車の上で子供たちがお囃子。地元中心の祭りの日。

翌日の植木市(去年の写真参照)は、周辺から多くのヒトが集まり、大賑わいだろう。

栃木市星野町 今年(2006年の)節分草#3



白、青、黄の配色と山陰にひっそり咲く寡黙さが好きなのか、私にとって節分草はこの春待ちの季節の大きな楽しみ。

栃木市星野町 今年(2006年の)節分草#2



次のページ